ニュース

東京メトロ、北綾瀬駅の太陽光を増設、合計32kW

2021/05/18 22:02
工藤宗介=技術ライター
印刷用ページ
北綾瀬駅
(出所:東京メトロ)
クリックすると拡大した画像が開きます
太陽光発電の導入駅
(出所:東京メトロ)
クリックすると拡大した画像が開きます
メトロCO2ゼロ チャレンジ2050の概要
(出所:東京メトロ)
クリックすると拡大した画像が開きます

 東京地下鉄(東京メトロ)は、千代田線北綾瀬駅に太陽光発電システムを増設し、5月16日に稼働した。発電した電力は全量自家消費し、ホームドアやエレベーターなどの駅設備に使用される電力の一部を賄う。

 北綾瀬駅では、2008年9月に出力20kWの太陽光パネルを設置済み。今回、ホームの延伸工事に伴い京セラ製の太陽光パネルを増設した。増設後の総出力は32kW、年間発電量は3万0789kWhを見込み、年間のCO2排出抑制効果は約13.6tとなる。

 同社は、これまでに北綾瀬駅を含む11駅の地上駅ホームの屋根上に太陽光発電設備を導入している。合計出力は1375kW、年間のCO2排出量削減効果は584.8tの見込み。

 また、3月に長期環境目標「メトロCO2ゼロ チャレンジ2050」を策定。東京メトログループ全事業が排出するCO2量について、2030年度に2013年度比30%減(上方修正を検討)、2050年度に実質ゼロを目指す。

  • 記事ランキング