ニュース

今仙電機、岐阜工場に自家消費型メガソーラー稼働

2021/06/08 22:39
工藤宗介=技術ライター
印刷用ページ
岐阜工場屋上の太陽光パネル
(出所:今仙電機製作所)
クリックすると拡大した画像が開きます

 今仙電機製作所は6月7日、岐阜県八百津町にある岐阜工場の屋上にメガソーラー(大規模太陽光発電所)を設置し、6月1日に稼働したと発表した。

 屋上全面に出力300W/枚の太陽光パネルを3932枚設置した。パネルの合計出力は1.18MW、パワーコンディショナー(PCS)の出力は1MW。発電した電力は自家消費し、同工場の使用電力の20~25%相当を賄える。年間CO2削減量は574tの見込み。

 同社は2015年、愛知県犬山市の「IMASENグローバル開発・研修センター」に全量売電型の太陽光発電設備を導入した。今回は、自家消費型とした。

 同社が掲げるESG推進施策「ISP2030:地球とIMASEN を持続可能にする」の一環となる。今後も再生可能エネルギーの活用などの取り組みを展開するとしている。

  • 記事ランキング