水素の大規模調達を可能にする「現実解」

MCHを利用した水素の輸送技術を千代田化工は「SPERA水素技術」と呼ぶ。処理能力は50 Nm3/h(年間約35t相当)、運転稼働時間は延べ約1万時間(2013~14年)に達した。(出所:千代田化工建設、2021 ICCHEI、2021年5月28日)

図4●システムとしてMCHの基本技術を確立
MCHを利用した水素の輸送技術を千代田化工は「SPERA水素技術」と呼ぶ。処理能力は50 Nm3/h(年間約35t相当)、運転稼働時間は延べ約1万時間(2013~14年)に達した。(出所:千代田化工建設、2021 ICCHEI、2021年5月28日)