真庭市に72MWのメガソーラー計画、法アセス審議

2021/07/12 18:12
工藤宗介=技術ライター
対象事業の実施区域とその周辺の状況(航空写真)
(出所:仮称・真庭太陽光発電事業・環境影響評価方法書・補足説明資料・別添資料・令和3年7月・合同会社NRE-46 インベストメント)
クリックすると拡大した画像が開きます

 経済産業省は7月8日、2021年度第3回の環境審査顧問会 太陽電池部会を開催し、岡山県真庭市のメガソーラー(大規模太陽光発電所)「真庭太陽光発電事業(仮称)」について、環境影響評価(環境アセスメント)方法書の書類審議を実施した。

 同事業は、真庭市福谷・神代・荒田周辺のゴルフ場を含む約185.6haに、太陽光パネル出力71.7MW、連系出力68.64MWのメガソーラーを新設するもの。事業主体は、ヴィーナ・エナジーグループの日本再生可能エネルギーが代表社員を務める合同会社NRE-46インベストメント(東京都港区)。

 505W/枚の単結晶シリコン型太陽光パネルを14.2万枚、定格出力2670kWのパワーコンディショナー(PCS)を26台、5340kWの昇圧変圧器(副変圧器)を13台、70MVAの送電設備(主変圧器)を1台設置する。中国電力の既設鉄塔へ連系する。建設工事期間は、着工後15~18カ月を予定し、2026年3月末ごろに営業運転を開始する予定。

 計画地は、A区の約160.2haとB区の約25.4haに分かれており、それぞれ約122.9ha(太陽光パネル約52.0ha、調整池約3.0ha、変電所・造成法面・管理道路など約67.9ha、造成森林約0.03ha)、約16.7ha(太陽光パネル約16.7ha、調整池約1.8ha、変電所・造成法面・管理道路など約13.4ha)に施設などを設置する。非改変区域(残置森林など)は、それぞれ約37.3ha(約23%)、約8.7ha(約34%)になる。

 排水対策は、既設の調整池を拡張して活用することを前提に、雨水排水を場内排水施設によって調整池に集約することで、周辺河川や沢への汚濁の流出を防止する計画。調整池は5カ所でいずれもダム型式、貯留可能容量は合計約14万5000m3。

 岡山県では、2017年に「新岡山県環境基本計画第2次改訂版(エコビジョン2020)」を策定し、主要施策のひとつに太陽光発電の導入促進を挙げている。また同年、「おかやま新エネルギービジョン(改定版)」の重点分野に太陽光発電を位置付け、家庭や地域への太陽光発電の導入を拡大している。2019年には「岡山県太陽光発電施設の安全な導入を促進する条例」を制定した。

 一方、同事業の実施予定地である真庭市では、2015年に「真庭市自然環境等と再生可能エネルギー発電事業との調和に関する条例」を制定。特色ある景観、豊かな自然環境および安全安心な生活環境の保全・形成と、急速に普及が進む発電事業に係る再エネ電源の利用と調和するための必要事項を定めた。