水素

「水素タイル」を張り合わせ、地域社会を脱炭素化(page 2)

経産省 関東経済産業局長 濱野幸一氏に聞く

2021/07/19 15:00
山口 健=日経BP総合研究所 クリーンテックラボ
印刷用ページ

水素需要創出のためアイディア検討会

「地域エネルギー振興」の中で、カーボンニュートラル宣言を踏まえた水素の位置付けや取り組み内容はどうなっていますか。

濱野 水素については、グリーン成長戦略においても、カーボンニュートラルにおけるキーテクノロジーとされており、発電や輸送、産業など幅広い分野における活用が期待されています。今後は、乗用車だけではなく、水素利用の多様化が重要です。そのため、地域においても、地域特性を生かした新たな水素需要の掘り起こし、利用用途を多様化することが必要と考えています。

 一方、地域の現状としては、水素ステーションが各地で設置され始めたところです(図2)。しかし、肝心の水素需要が創出されず水素ステーションの運営に困っていることや、自治体として水素需要の創出に向けた取り組みに悩んでいるなどの課題があります。

図2●FCV・水素ステーション事業の現状と課題
(出所:関東経済産業局)
クリックすると拡大した画像が開きます

 これらを踏まえて、地域における水素需要創出のため、水素に関心の高い自治体を対象に「地域における水素アイディア検討会」を開催しました。検討会では、「絵に描いた餅」にならないよう、大学や大手企業などの外部有識者に参画してもらうことで、実現可能性の高いアイデアを検討できるように工夫しました(図3)。

図3●地域における水素アイディア検討会の概要
(出所:関東経済産業局)
クリックすると拡大した画像が開きます
  • 記事ランキング