水素

内燃機関「カーボンゼロ」へ、期待の再エネ合成燃料

「2030年までに量産技術確立は必達目標」、ENEOS執行役員・藤山氏に聞く

2021/08/17 20:00
山口健=日経BP総合研究所 クリーンテックラボ
印刷用ページ

欧州委員会は2021年7月14日、ハイブリッド車を含む内燃機関車の新車販売を2035年に事実上禁止する方針を打ち出した。これを受けるように独自動車大手ダイムラーの高級車事業会社、メルセデス・ベンツは同22日、販売する新車を2030年にもすべて電気自動車(EV)にすると発表した。同社は「EVファーストからEVオンリーに加速する」という。一方で、再生可能エネルギーを使い、カーボンゼロで内燃機関を使い続けることが出来る「再エネ合成燃料」が注目を浴びている。この新燃料は、世界の動きに間に合うのか。国内燃料油の販売シェアNo.1のENEOSで、新燃料の開発チームを率いる藤山優一郎・執行役員・中央技術研究所長に今後の展開を聞いた。

ENEOSの藤山優一郎・執行役員・中央技術研究所長
ENEOSの藤山優一郎・執行役員・中央技術研究所長
(撮影:清水盟貴)

商用化段階では「グリーン水素」

火力発電所が残る段階では、発電時のCO2排出を考えれば、EV(電気自動車)がカーボンニュートラルに向けた正解だとは必ずしも言えません(編集注)。一方で、CO2を回収して、再生可能エネルギー由来の水素と反応させて作る合成燃料に期待が集まっています。ENEOSの取り組みを教えて下さい。

藤山 水素源は、化石燃料の改質から入った方がコスト的に有利なようにも見えますが、当社では合成燃料の中でも「再エネ合成燃料」に着目して開発を進めています。

 「再エネ合成燃料」はあくまでも「再エネから作る燃料」ですから、試験や実証段階においてはグレー水素(化石燃料由来の水素)やCCS(CO2分離・回収)などを伴うブルー水素を使うことはあっても、商用化の段階ではグリーン水素、あるいは再エネから製造された合成ガス(水素+CO)を原料とする計画です。

  • 記事ランキング