ニュース

アマゾンと三菱商事がコーポレートPPA、太陽光450カ所以上・合計22MW

2021/09/08 18:08
工藤宗介=技術ライター
印刷用ページ
アマゾンは世界各地で再エネ調達に取り組んでいる
アマゾンは世界各地で再エネ調達に取り組んでいる
(出所:アマゾンのホームページ)
クリックすると拡大した画像が開きます

 米アマゾン・ドット・コム(以下、アマゾン)と三菱商事は9月8日、三菱商事の電力小売事業子会社であるMCリテールエナジーを通じて、日本における合計出力22MWの分散型太陽光発電による、オフサイト型コーポレートPPA(需要家企業との長期の電力購入契約)を締結したと発表した。

 首都圏および東北地方で現在開発中の450カ所以上の太陽光発電設備で発電された電力を供給する。全ての発電設備が稼働すると、年間発電量は一般家庭5600世帯分以上に相当する2万3000MWhになる見込み。2022~23年にかけて順次、稼働する予定。

 太陽光発電設備は、三菱商事エナジーソリューションズの建設工程管理と技術支援のもと、ウエストホールディングスが建設する。また、アイルランドElectroRouteが、発電量予測と発電インバランスのリスクヘッジを行う。

 アマゾンと三菱商事との間で締結されたコーポレートPPAは、オランダの風力発電事業に続く2件目となる。アマゾンでは、2030年までに全世界の事業を100%再生可能エネルギーで賄うことを目標に掲げており、同プロジェクトによって当初予定より5年早い実現に向けて進行しているという。

 アジア太平洋地域で企業が再エネを調達する場合、利用可能なエネルギーが限られる、規制が複雑、高コスト、といった課題がある。同プロジェクトによって、日本における再エネ活用を広げ、価格の適正化を促進するとしている。

 アマゾンは、事業展開する世界各地で再生可能エネルギーの利用に取り組み、グローバルでの再エネ調達量で一般事業会社としてトップになっている。現在アマゾンが世界で展開する再エネのプロジェクト数は235件。発電設備の合計出力は10GWに達する(関連記事:米で加速する「CPPA」、アマゾンだけで10GWに)。

  • 記事ランキング