ニュース

伊藤忠エネクス、給油所で約100kWの「オンサイトPPA」

2021/10/02 12:45
工藤宗介=技術ライター
印刷用ページ
西宮CSの屋根に設置した太陽光パネル
西宮CSの屋根に設置した太陽光パネル
(出所:伊藤忠エネクス)
クリックすると拡大した画像が開きます
西宮CSの屋根に設置した太陽光パネル
西宮CSの屋根に設置した太陽光パネル
(出所:伊藤忠エネクス)
クリックすると拡大した画像が開きます

 伊藤忠エネクスは9月30日、同社が提供するオンサイト型PPA(電力購入契約)サービスの第1号案件として、連結子会社のエネクスフリート(大阪市)が運営するガソリンスタンド「西宮CS(カーライフ・ステーション)」に約100kWの自家消費型太陽光発電設備を設置したと発表した。

 施設屋根に出力97.5kWの太陽光パネルを設置した。系統から購入する年間の電力量を約31%削減し、年間CO2排出量を約38.0t削減できる見込み。太陽光パネルはJAソーラー製、パワーコンディショナー(PCS)は田淵電機製を採用した。

 伊藤忠エネクスのオンサイト型PPAサービスでは、設置費用を伊藤忠エネクスが負担し、設備使用料は保守・点検作業を含む月額固定料金となる。顧客企業のCO2排出量およびエネルギーコストの削減を実現するビジネスモデルになるという。

 今後、全国の顧客企業に対して同サービスを提供していく計画。

  • 記事ランキング