ニュース

東京都、新築建物に太陽光を義務化、小池知事が表明

2021/10/18 23:41
工藤宗介=技術ライター
印刷用ページ
記者会見での小池知事
記者会見での小池知事
(出所:東京都)
クリックすると拡大した画像が開きます

 小池百合子都知事は、9月28日に開会した「令和3年第三回都議会定例会」の所信表明において、一定の新築建築物に太陽光発電の設備設置を義務付ける、都独自の制度の導入に向けた検討を開始することを明らかにした。

 小池都知事は、10月1日に行われた記者会見において、CO2削減の取り組みは、産業や事業系などの分野で大きな効果が出ているが、その一方で家庭が一番進んでいないと指摘。携帯電話やトイレの便座などを例に挙げ、10~20年前と比べて快適性と引き換えにCO2の排出増につながっており、そのなかで家庭で何かできるかという点で、すでに普及した技術であり価格も落ちてきた太陽光発電による創エネを推進する、とした。

 今後、環境審議会の中に分科会を設立し、具体的な施策について検討を進めていく。小池都知事は、固定価格買取制度(FIT)終了による経済面の影響や、災害時における自家発電利用、電気自動車(EV)の蓄電池としての利用など、太陽光発電をめぐる環境が大きく変わっていくなか、専門家を交えてさまざまな意見を出し合いながら、総力戦で家庭部門における再エネを考えていきたいと抱負を述べた。

 東京都では、2050年までに世界のCO2排出実質ゼロに貢献する「ゼロ・エミッション東京」の実現を目指し、2019年12月に「ゼロ・エミッション東京戦略」を策定。また、2021年1月にマイルストーンとして、2030年までに都内温室効果ガス排出量を50%削減すること、再エネ電力利用割合を50%まで引き上げることを表明した。

 これまでに、都内にある建物がどれくらい太陽光発電に適しているのかを確認できる「東京ソーラー屋根台帳」(ポテンシャルマップ)を作成するなど、太陽光発電の導入に向けた環境づくりを進めてきた。また、補助金などの施策も推進している。

  • 記事ランキング