ニュース

大ガスとSky Solar Japan、高圧太陽光を共同開発・保有

2021/10/26 21:10
工藤宗介=技術ライター
印刷用ページ
Sky Solar Japanが岩手県に建設したメガソーラー
Sky Solar Japanが岩手県に建設したメガソーラー
(出所:Sky Solar Japan)
クリックすると拡大した画像が開きます

 大阪ガスと中国系の再生可能エネルギー開発会社であるSky Solar Japan(東京都港区)は、中小型を中心とした事業用太陽光発電所の継続的な共同開発および共同保有を推進する。10月26日、合意書を締結したと発表した。

 合意に基づき両社は、今後数年間にわたって年間数十MWの規模で太陽光発電所を共同で開発する。また、Sky Solar Japanが開発済みの太陽光発電所の一部を共同保有する。太陽光発電所の規模は数百kW~2MW程度の高圧連系案件を想定し、累計で数百MW程度を見込んでいる。

 両社は今後、大阪ガスの電力事業における事業基盤と、Sky Solar Japanの案件開発力を組み合わせることで、固定価格買取制度(FIT)および非FIT太陽光発電所の開発を迅速に進めるとともに、開発済み発電所の安定運営、発電された再エネ電力を有効に活用していくとしている。

 大阪ガスグループでは、2050年カーボンニュートラル実現に向けて、2030年度までに自社開発や保有に加えて他社からの調達も含めて国内外で5GWの再エネ電源を確保するとともに、国内電力事業の再エネ比率を50%程度にすることを目指している。現時点で約1.25GWに達している。

 また、Sky Solar Japanでは、2030年度までに2GWの再エネ電源の安定的かつ安全な提供を目指している。すでに国内で約170MWの完成、約110MWの所有・運営・管理実績のほか、PPA(電力購入契約)の活用やスマートグリッドも推進している。

  • 記事ランキング