ニュース

タイのトヨタ車販売店がオンサイトPPA、ウエスト子会社が設置

2021/10/28 22:27
工藤宗介=技術ライター
印刷用ページ
WEST International(Thailand)の施工実績
WEST International(Thailand)の施工実績
(出所:ウエストホールディングス)
クリックすると拡大した画像が開きます
WEST International(Thailand)の施工実績
WEST International(Thailand)の施工実績
(出所:ウエストホールディングス)
クリックすると拡大した画像が開きます

 ウエストホールディングスのタイ現地子会社であるWEST International(Thailand)は、タイのトヨタディーラー(販売代理店)大手TOYOTA SUMMITにオンサイト型PPA(電力購入契約)による太陽光発電設備を導入する。9月17日に発表した。

 TOYOTA SUMMITは、住友商事が出資するトヨタディーラーで、バンコク都に5店舗を展開する。今回、バンコクシーナカリン(Bang Muang)支店に、太陽光パネルの出力82kWの設置契約を締結した。2022年1月以降に発電を開始する予定。

 年間発電量は約11万kWhを見込み、建物の使用電力の約27%(初年度)を想定する。また、年間57tのCO2削減効果が見込まれる。太陽光パネルとパワーコンディショナー(PCS)は、いずれも中国メーカー製を採用する予定。

 稼働後は、ショールームを訪れた顧客に発電量やCO2がリアルタイムで見えるようにディスプレイを設置する。また、今回の導入効果を評価した上で、他の4店舗への導入も検討する。規模は今回と同程度を想定している。

 WEST International(Thailand)は、2016年8月に設立され、コーポレートPPAによる太陽光発電サービスを展開している。2021年8月時点で95件37.5MWを受注し、80件28.0MWが完成している。今後の事業目標は、少なくとも年間20MWとし、次年度以降は前年度110~120%程度を目指すとしている。

  • 記事ランキング