ニュース

中国電、「PPA太陽光」拡充へ旭電業と提携、オンサイトとオフサイト

2021/11/25 19:57
工藤宗介=技術ライター
印刷用ページ
PPAモデルによる太陽光電力の供給サービスの提供イメージ
PPAモデルによる太陽光電力の供給サービスの提供イメージ
(出所:中国電力)
クリックすると拡大した画像が開きます

 中国電力は11月24日、太陽光発電のPPA(電力購入契約)モデルの拡充に向けて、旭電業(岡山市)と業務提携したと発表した。オンサイト型とオフサイト型の両方を想定する。旭電業は、岡山県内を中心に太陽光発電設備を含む電気工事の設計・施工からO&M(運営・保守)、保安点検業務まで一貫して提供している。

 今回の提携により、岡山県内におけるPPAモデルによる太陽光発電電力の供給サービスを拡充する。顧客施設に自家消費型太陽光発電設備を設置するオンサイト型、一般送配電ネットワーク経由で太陽光発電電力を供給するオフサイト型のサービスを提供し、顧客企業の多様なニーズに応えていく。

 中国電力の太陽光発電PPAサービスにおける業務提携は、ウエストホールディングス、長州産業、エネルギア・ソリューション・アンド・サービス、エコスタイルに続く5社目。岡山県内企業は初めてとなる。

 中国電力グループでは、2050年カーボンニュートラル実現に向けて、2030年までに30万~70万kWの再生可能エネルギー電源の上乗せを目指している。

  • 記事ランキング