村田製作所、フィリピン工場を再エネ100%、屋根上太陽光と地熱で

2021/12/22 23:07
工藤宗介=技術ライター
フィリピン工場の太陽光パネル
フィリピン工場の太陽光パネル
(出所:村田製作所)
クリックすると拡大した画像が開きます

 村田製作所は12月20日、同社の生産子会社Philippine Manufacturing Co. of Murata(フィリピン工場)の使用電力を、2022年1月1日から100%再生可能エネルギーに転換すると発表した。

 フィリピン工場では、生産棟の屋根上にシャープ製の太陽光パネルを6768枚設置し、2021年5月から稼働している。パネル出力は2978kW、年間発電量は422万kWhを見込み、同工場の使用電力の3~4%を賄える。また、年間CO2削減効果は2947tとなる。

 今回の100%再エネ転換では、太陽光発電の電力に加えて、地熱発電を中心とする再エネ電力を活用する予定。フィリピンには数多くの火山があり、世界第2位の地熱発電大国として知られている。

 村田製作所は、2020年12月に「RE100」に加盟。グループ全体で温室効果ガス削減量を2024年度に2019年度比20%減、2030年度に同46%減、再エネ導入比率を2024年度に25%、2030年度に50%、2050年度に100%の目標を掲げている。

 これまでに生産子会社の金津村田製作所(福井県あわら市)で太陽光および蓄電池ユニットを導入し、2021年11月から再エネ100%を実現した。海外拠点の100%再エネ転換は、今回のフィリピン工場が初めてとなる。