「発電側課金」は2024年度に先送り、2022年度中に結論

(出所:経産省)

各再エネ電源における見直し前後の負担単価イメージ
(出所:経産省)