ニュース

第二電力、長野県の企業2社にオンサイトPPAで太陽光

2022/01/06 19:04
工藤宗介=技術ライター
印刷用ページ
南信精機製作所 第4工場
南信精機製作所 第4工場
(出所:第二電力)
クリックすると拡大した画像が開きます
コシブ精密 長野工場
コシブ精密 長野工場
(出所:第二電力)
クリックすると拡大した画像が開きます

 第二電力(大阪市)は、長野県伊那地方の企業2社と20年間のオンサイト型PPA(電力購入契約)モデルによる太陽光電力の供給で契約を締結し、それぞれの工場屋根上に太陽光発電設備を設置した。2021年12月28日に発表した。

 長野県飯島町にある南信精機製作所・第4工場には、出力537.6kWの太陽光パネルを設置した。年間発電量は46万7825kWhを見込み、工場の使用電力の約23%を賄える。年間CO2排出削減量は216.88tとなる。2021年3月14日から供給を開始した。

 長野県松川町にあるコシブ精密・長野工場には、出力188.1kWの太陽光パネルを設置した。年間発電量は20万3942kWhを見込み、工場の使用電力の約7%を賄える。年間CO2排出削減量は94.54tとなる。2021年10月23日から供給を開始した。

 両設備とも、環境省の令和2年度「サプライチェーン改革・生産拠点の国内投資も踏まえた脱炭素社会への転換支援事業(二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金)」を活用した。また、長野県は「気候非常事態宣言 -2050ゼロカーボンへの決意-」を掲げており、両社が所在する飯島町と松川町も賛同し、官民一体となって脱炭素化を推進している。

 第二電力は、産業用太陽光発電設備に特化した太陽光発電事業者で、2021年12月時点で1700件超の発電設備を設置している。2018年からは、太陽光パネルや蓄電池などの開発製造販売を手掛ける長州産業のグループ会社となった。

  • 記事ランキング