ニュース

2022年度も太陽光・入札は250kW以上、既設建物の屋根上は免除

2023年度の入札外・調達価格は9円/kWhに引き下げか

2022/01/20 16:32
金子憲治=日経BP総合研究所 クリーンテックラボ
印刷用ページ

 経済産業省は1月17日、調達価格等算定委員会を開催し、固定価格買取制度(FIT)とフィード・イン・タリフ(FIP)の運用のうち、2022年度の入札制度と地域活用要件について討議した。

 太陽光発電の入札制度の対象範囲については、2021年度と同様、250kW以上との方針を示した。これにより、2022年度は、10kW以上50kW未満の低圧事業用は地域活用案件に限りFITが適用され調達価格は11円/kWh。50kW以上250kW未満の案件については、FITとFIPを選択でき、いずれも入札対象外で調達価格・基準価格は10円/kWh。250kW以上1MW未満については、FITとFIPを選択でき、FITの場合は入札、FIPの場合は入札対象外で基準価格は10円/kWh。1MW以上はすべてFIPで入札となる。

2020年度におけるFIT・FIPの入札制の対象。太陽光の入札対象は250kW以上に
2020年度におけるFIT・FIPの入札制の対象。太陽光の入札対象は250kW以上に
(出所:経産省)
クリックすると拡大した画像が開きます

 ただし、既設建物の屋根上太陽光に関しては、入札制の適用を免除するとの方向を示した。その場合、調達価格・基準価格は、50kW以上の入札対象外の価格である10円/kWhとする方針。「既設」の定義は、2022年1月17日以前に設置されていたものとした。これにより、普及の遅れている既設建築物への太陽光の設置を後押しする。

 2023年度の入札対象外の調達価格・基準価格については、12月22日に開催された調達価格等算定委員会で、想定するシステム価格を前の想定値より17.6%下げて11.7万円/kWに、想定する設備利用率を前の想定値である17.2%から17.7%に上げたことから、2022年度の10円/kWhから、9円/kWhに引き下げる可能性が高い。

調達価格の算定におけるシステムコスト想定値の推移
調達価格の算定におけるシステムコスト想定値の推移
(出所:経産省)
クリックすると拡大した画像が開きます

 2022年度の入札制度は2021年度と同様、4回実施し、上限価格を事前に公表する。上限価格は、2022年度の入札対象外の調達価格である10円/kWhと2023年度の入札対象外の調達価格との間を刻む仕組みが踏襲される方針が示された。仮に2023年度の調達価格が9円/kWhとなった場合、4回実施される入札制度の上限価格は、10.00円/kWh、9.75円/kWh、9.50円/kWh、9.25円/kWhになる。

2022 年度の事業用太陽光発電の入札の上限価格の イメージ
2022 年度の事業用太陽光発電の入札の上限価格の イメージ
(出所:経産省)
クリックすると拡大した画像が開きます
  • 記事ランキング