ニュース

ノルウェーのアルミ大手、水力発電で長期PPA締結

2022/02/01 18:21
工藤宗介=技術ライター
印刷用ページ
Hafslund Ecoのホームページ
Hafslund Ecoのホームページ
(出所:Hafslund Eco)
クリックすると拡大した画像が開きます

 ノルウェーのアルミニウム生産企業ノルスク・ハイドロ(Norsk Hydro)の子会社であるHydro Energiは1月21日、同国の再生可能エネルギー企業であるHafslund Ecoとの間で、水力発電による長期PPA(電力購入契約)を締結したと発表した。

 契約期間は2023年1月1日から2029年12月31日までで、電力供給量は合計1300GWhになる。納入先は、欧州電力取引所Nord Pool価格帯のNO1およびNO3エリア(ノルウェー南部および東部)。これまで両社は、2020年と2021年に4件・合計4TWhの長期PPAを締結している。

 Hydro Energiは、ノルスク・ハイドロのアルミニウム生産のための電力調達を担っており、年間9.4TWhの自社発電施設と約10TWhの長期契約を持つ。2014年以降、19件の長期契約を締結しており、これらはすべて水力または風力発電をベースとしている。これらの再エネ調達により、アルミニウム生産で世界平均と比べて約75%のCO2削減を実現したという。

 Hafslund Ecoは、ノルウェーで2番目に大きな電力会社であり、南部全域に80基の水力発電所を所有し、合計出力は5.2GW(5200MW)、年間平均発電量は約17TWhに達する。現在、3カ所の発電所開発プロジェクトに参画している。

  • 記事ランキング