ニュース

セーレン、坂井市の事業所に2.4MWの「オンサイトPPA」太陽光

2022/03/04 23:42
工藤宗介=技術ライター
印刷用ページ
セーレンTPF事業所
セーレンTPF事業所
(出所:セーレン)
クリックすると拡大した画像が開きます
太陽光発電設備の設置場所
太陽光発電設備の設置場所
(出所:セーレン)
クリックすると拡大した画像が開きます

 繊維メーカーのセーレンは、福井県坂井市にあるTPF事業所にオンサイト型PPA(電力購入契約)モデルの自家消費型太陽光発電を導入し、3月1日から運用を開始した。PPA事業者は、北陸電力ビズ・エナジーソリューション。

 同事業所内にあるFMセンター、SVセンター、LNセンター、セーレン電子の4棟の屋上に合計6398枚の太陽光パネルを設置した。出力は2399.4kWで、TPF事業所で使用する電力の約10%を賄える。年間CO2排出削減効果は1262tとなる。

 セーレンでは、カーボンニュートラルの実現を目的とした全社横断的な「Cゼロプロジェクト」を2021年6月に発足した。今回の北陸電力グループとのPPA締結は、同プロジェクトの一環となる。

 同プロジェクトでは、2030年度にCO2排出量の2013年度比46%削減を目標に掲げている。引き続き、他事業所においても脱炭素に向けたエネルギー転換を一層推進すると同時に、製造工程の合理化、ロス・ムダの削減、省エネ設備の導入を進めていく。

  • 記事ランキング