ニュース

パナソニック、「3電池」連携で再エネ100%、実証施設を稼働

2022/04/18 17:58
工藤宗介=技術ライター
印刷用ページ
H2 KIBOU FIELD
H2 KIBOU FIELD
(出所:パナソニック)
クリックすると拡大した画像が開きます

 パナソニックは4月15日、太陽光発電と純水素型燃料電池を組み合わせた自家発電システムにより、事業活動で消費する電力需要を100%再生可能エネルギーで賄う実証施設を稼働した。太陽電池と燃料電池、さらにリチウムイオン蓄電池を加えた「3電池連携」による最適な電力需給の運用技術を開発し、検証する。

 滋賀県草津市のパナソニック アプライアンス社草津拠点に、出力約570kWの太陽光発電、出力5kWの純水素型燃料電池99台(合計495kW)、容量約7万8000Lの液化水素貯蔵タンク、余剰電力を蓄える容量約1.1MWhのリチウムイオン蓄電池を設置した。同拠点内にある家庭用燃料電池「エネファーム」製造工場の製造部門の全使用電力を賄う。同工場の製造工程負荷は最大680kW、年間2.7GWhを見込んでいる。

 3電池を連携させることで、広い設置面積が必要で天候の影響を受けやすい太陽光発電の特性を補完する。工場の屋上など限られたスペースに自家発電設備を設置できるようになり、燃料電池と蓄電池からの電力供給を制御することで、必要な電力を安定的に賄える。

 さらに、5kWの燃料電池を複数台連携させることで、建屋や敷地に合わせたレイアウトで大電力化しながら、必要な電力量に応じて機器を稼働・停止させる運用が可能になり、機器劣化を抑制して生涯発電量を最大化できるという。工場の稼働を止めずに無停止でのメンテナンスも可能になる。

 同社ではこうしたシステムを「RE100ソリューション」と呼び、草津市の実証施設を「H2 KIBOU FIELD」と名付けた。

 水素は、岩谷産業から供給を受ける。当初は再エネ由来のグリーン水素ではないが、将来的にはグリーン水素を使用したRE100の達成を視野に入れる。同実証を通じて純水素型燃料電池の運用を含めたエネルギー管理に関するノウハウ・データの蓄積し、2023年度中に「RE100ソリューション」の事業化を目指す。

  • 記事ランキング