ニュース

葬儀場15カ所にPPAで太陽光と蓄電池、合計340kW

2022/05/09 22:21
工藤宗介=技術ライター
印刷用ページ
オンサイトPPAを導入する葬儀会館「ティア滝ノ水」
オンサイトPPAを導入する葬儀会館「ティア滝ノ水」
(出所:NTTスマイルエナジー)
クリックすると拡大した画像が開きます
オンサイトPPAを導入する葬儀会館「ティア如意申」
オンサイトPPAを導入する葬儀会館「ティア如意申」
(出所:NTTスマイルエナジー)
クリックすると拡大した画像が開きます
今回のオンサイトPPAモデルのスキーム
今回のオンサイトPPAモデルのスキーム
(出所:NTTスマイルエナジー)
クリックすると拡大した画像が開きます

 名古屋市内を中心に、関東、東海、関西エリアで葬祭事業などを展開するティアは、愛知県内の葬儀場15カ所に太陽光発電設備と蓄電池を設置し、自家消費する。NTTスマイルエナジー(大阪市)のオンサイト型PPA(電力購入契約)サービスを利用して、屋根上に設置し、電力供給を受ける。4月19日に発表した。

 太陽光発電設備は15施設に設置し、太陽光パネルの出力は11.4kW~27.36kWの合計340.48kW、パワーコンディショナー(PCS)出力は9.6kW~16.5kWの合計219.9kW。蓄電池は14施設に設置し、各9.8kWhの合計137.2kWh。施工は、ビーライトネオ(名古屋市)が担当する。5月に着工し、6月から順次電力供給を開始する。

 ティアは、蓄電池付き太陽光発電設備の導入によって、営業拠点でのCO2排出量を削減するとともに、災害時には近隣住民に対して非常用電源を貸し出すことで地域に貢献する。

 NTTスマイルエナジーは、2020年5月から法人向けにオンサイト型PPAサービスを「スマイルそらえるでんき」の名称で提供している。太陽光発電からの電力供給、余剰電力の蓄電池への充電および充電した電力の供給、災害による停電時に無料で太陽光発電設備と蓄電池から電力を供給する。

  • 記事ランキング