ニュース

松屋フーズ、中部・四国5店舗にオンサイトPPA太陽光

2022/05/10 23:05
工藤宗介=技術ライター
印刷用ページ
松屋・松のや 新居浜店
松屋・松のや 新居浜店
(出所:Looop)
クリックすると拡大した画像が開きます
松屋・松のや 新居浜店の屋根上に設置した太陽光パネル
松屋・松のや 新居浜店の屋根上に設置した太陽光パネル
(出所:Looop)
クリックすると拡大した画像が開きます

 Looop(東京都台東区)は5月9日、松屋フーズの中部・四国エリアにある5店舗に、オンサイトPPA(電力購入契約)モデルの太陽光発電サービス「未来発電」の導入に伴う太陽光発電設備を納入・設置したと発表した。

 未来発電は、顧客の初期投資ゼロで屋根置き太陽光発電設備が導入できる住宅および小規模店舗向け電気料金プラン。太陽光発電設備はLooopが保有しメンテナンスなどを行い、顧客は使用した分の電気代を支払う。契約期間は10年間で、契約満了後は太陽光発電設備を顧客に無償譲渡する。

 愛媛県四国中央市の「松屋・松のや 四国中央店」は、太陽光パネルの出力13.68kWで、年間電気料金削減率は、導入後6.6%、契約満了後28.7%を見込んでいる。

 愛媛県新居浜市の「松屋・松のや 新居浜店」は、パネル出力13.68kWで、年間電気料金削減率は、導入後6.7%、契約期間満了後28.9%の見込み。

 愛知県瀬戸市の「松のや 瀬戸店」は、パネル出力13.68kWで、年間電気料金削減率は、導入後6.5%、契約満了後27.2%の見込み。

 愛知県半田市の「松のや 半田店」は、パネル出力10.64kWで、年間電気料金削減率は、導入後4.7%、契約満了後19.9%の見込み。

 愛知県豊田市の「松屋 豊田十塚店」は、パネル出力9.5kWで、年間電気料金削減率は、導入後4%、契約満了後16.7%の見込み。

 各店舗とも太陽光パネルはLooop製を採用する。パワーコンディショナー(PCS)の出力は5.6kW。施工はLooopの外注先が担当し、O&M(運営・保守)サービスはLooopが自社で行う。供給開始は今夏の予定。

  • 記事ランキング