ニュース

野村不、物流施設に屋根置きメガソーラー、非FITで全量売電

2022/05/31 23:28
工藤宗介=技術ライター
印刷用ページ
Landport 上尾II
Landport 上尾II
(出所:野村不動産)
クリックすると拡大した画像が開きます
屋上に設置した太陽光パネル
屋上に設置した太陽光パネル
(出所:野村不動産)
クリックすると拡大した画像が開きます

 野村不動産は、埼玉県上尾市に屋根置きメガソーラー(大規模太陽光発電所)を設置したカテゴリーマルチ型物流施設「Landport(ランドポート)上尾II」を建設した。5月18日に竣工し満床稼働した。

 太陽光パネルの出力は1980kW、連系出力は1500kW。太陽光パネルはシャープ製、パワーコンディショナー(PCS)は中国ファーウェイ製を採用した。

 太陽光発電設備は自社所有となる。発電した電力は固定価格買取制度(FIT)を利用せず、非FITの再エネ電力として全量売電する計画。売電先および売電単価は未定。

 このほかにも、環境配慮とランニングコスト削減を目的に全館人感センサー付きLED照明を採用した。1階に温度帯保管を想定した保管温度0℃まで対応の床断熱加工を、4階に作業用空調を実装した。

 4階建てRC+S造で延床面積は7万6700.78m2。Landportシリーズ初となるフロアごとに異なるカテゴリーを想定した仕様とし、EC系・医療機器系・出版・書籍系などさまざまな業種の企業が入居する。

  • 記事ランキング