ニュース

富良野市の水処理施設に自家消費太陽光、フソウ・エナジーがPPAで

2022/07/19 20:52
工藤宗介=技術ライター
印刷用ページ
富良野水処理センター太陽光発電所
富良野水処理センター太陽光発電所
(出所:フソウ・エナジー)
クリックすると拡大した画像が開きます
開所式の様子
開所式の様子
(出所:フソウ・エナジー)
クリックすると拡大した画像が開きます

 フソウホールディングスの100%子会社であるフソウ・エナジー(東京都中央区)は、北海道富良野市にある富良野水処理センターの敷地内にオンサイト型PPA(電力購入契約)モデルによる自家消費型太陽光設備を設置する。

 「富良野水処理センター太陽光発電所」で、7月14日に稼働した。太陽光パネルの出力は131.04kWで、年間発電量は約13.3万kWhを見込んでいる。富良野水処理センターで使用する電力の約13%を賄い、年間約60tのCO2削減効果となる。契約期間は20年で、契約終了後は富良野市に譲渡する予定。

 太陽光パネルは中国LONGiソーラー製、パワーコンディショナー(PCS)は中国ファーウェイ製を採用した。EPC(設計・調達・施工)およびO&M(運営・保守)サービスは、地元の太陽光発電事業者であるNEBEC(札幌市)が担当する。

 富良野市は、2050年までに温室効果ガスの排出量を実質ゼロとするゼロカーボンシティ宣言を公表しており、同発電所はその取り組みの第1弾となる。公共の水処理施設におけるPPAモデルの採用は道内初という。

  • 記事ランキング