探訪

福山市、地域の再エネで国内最大級の地域新電力

「次世代エネルギーパーク」のRDF・太陽光発電を地域で活用

2019/03/19 05:00
金子憲治=日経BP総研 クリーンテックラボ
印刷用ページ

ごみ固形燃料で20MWを発電

 広島県福山市の南部に位置する箕沖町は、瀬戸内海に面した沿岸部に位置し、南端からは、景勝地として知られる鞆の浦や、海に浮かぶ大小の島々を一望できる。同町のエリアは1970年代から造成の始まった埋め立て地で、瀬戸内工業地域の一翼を担っている。

 福山市は、このエリアを「福山市次世代エネルギーパーク」として整備し、再生可能エネルギーやリサイクル関連施設の集積を進めるとともに、環境学習の拠点として「福山市リサイクルプラザ」を設置した(図1)。市民団体を対象に次世代エネルギーパーク内のバス見学ツアーを実施するなど、環境啓発活動に取り組んでいる。

図1●「福山市リサイクルプラザ」
(出所:日経BP)
クリックすると拡大した画像が開きます

 同パーク内には、中国電力グループによる2つのメガソーラーが稼働し、合計のパネル出力は12MWを超え、広島県内では最大級の太陽光発電設備となっている。加えて、バイオマス(廃棄物系バイオマス)を含む「ごみ固形燃料(RDF)」をガス化溶融炉で燃焼・溶融し、排熱で蒸気タービン発電機を動かす「福山リサイクル発電所」が立地し、こちらは約20MWの発電能力を持っている。

 「福山リサイクル発電所」には、広島県やJFEエンジニアリングなどが出資し、福山市など7市2町が参画している。これら9市町から排出した一般廃棄物をRDFに加工し、発電燃料として箕沖町の発電所に運んでいる。2004年から始まった事業で、当初、事業期間は2019年3月までだったが、さらに5年間の延長が決まっている(図2)。

図2●「福山リサイクル発電所」
(出所:日経BP)
クリックすると拡大した画像が開きます
システムメンテナンスのお知らせ
  • 記事ランキング