探訪

「積雪」「凍上現象」を乗り越える八戸市のメガソーラー

PCSの冷却設備の故障も、ロスは最小に

2019/03/26 05:00
加藤 伸一=日経BP総研 クリーンテックラボ
印刷用ページ

 青森県八戸市にある八戸市北インター工業団地の一角に、太陽光パネルの出力が約1.7MW、パワーコンディショナー(PCS)の定格出力が1.5MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)「八戸メガソーラー発電所」がある(図1)。

クリックすると拡大した画像が開きます
図1●八戸市の工業団地内にある旧・東北工場跡に立地
上の空撮画像は増設前に撮影(出所:極東開発工業)
クリックすると拡大した画像が開きます

 ダンプカーやタンクローリー、ごみ収集車といった特装車メーカーである極東開発工業が、同社の旧・東北工場の跡地で開発・運営している。工場の建物は、物流企業に倉庫として貸している。メガソーラーは、2013年9月に売電を開始し、約5年半が経過している(当時のメガソーラー探訪の掲載記事)。

 八戸市の発電所は、同社にとって、2カ所目に稼働したメガソーラーとなった。先行して稼働していたのは、福岡県飯塚市にある福岡工場の敷地内にあるパネル出力が1.5MW、PCS出力が1.3MWのメガソーラーだった(図2)。こちらは2013年3月に稼働していた。

図2●福岡県飯塚市の工場敷地内の発電所
(出所:極東開発工業)
クリックすると拡大した画像が開きます
システムメンテナンスのお知らせ
  • 記事ランキング