探訪

「雑草を食べきれず、ヒツジを増やしました」、明石土山のメガソーラー

ヒツジを放牧しない区域は、除草剤を積極的に使う

2019/06/11 05:00
加藤 伸一=日経BP総研 クリーンテックラボ
印刷用ページ

 兵庫県加古郡稲美町にある合計出力約17MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)「ニッケまちなか発電所 明石土山」において5月29日、メガソーラー内で放牧されている5頭のヒツジの毛刈りが実施された(図1動画1)。

クリックすると拡大した画像が開きます
図1●毛を刈る前(上)と刈った後(下)
(出所:日経BP)
クリックすると拡大した画像が開きます

動画1●ヒツジの毛を毎年5月に刈っている

(出所:日経BP)

 一般的な太陽光発電所ではまず見られない、牧歌的な風情に包まれた。

 メガソーラーの発電事業者は日本毛織で、以前はショートコースのゴルフ場「ニッケゴルフ倶楽部土山コース」だった跡地を活用した(図22014年1月のメガソーラー探訪の掲載コラム)。

クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
図2●街中にあるゴルフ場跡地を活用
ゴルフ場時代の池などを残している(中右)、隣接する駐車場跡地を使って太陽光パネルを増設(下左)、敷地内に神社もある(下右)(出所:上は日本毛織、そのほかは日経BP)

 2013年10月に稼働した第1期の出力約11MW、2014年2月に稼働した第2期の約6MWの2つの発電所からなる。第2期の発電所は、隣接する駐車場跡地を活用し、約192kW分の太陽光パネルを2018年に増設している。

 同社はこのほか、関西や関東の遊休地や事業所の屋根上を活用し、11カ所・合計出力約29.5MWの太陽光発電所を開発・運営している(図3)。関西で4カ所・合計出力約18.02MWのほか、中部で6カ所・10.79MW、関東で1カ所・693kWとなっている。

図3●遊休地や事業所の屋根上を活用
関西の数値は、明石土山の発電所の増設前のもの(出所:日本毛織)
クリックすると拡大した画像が開きます
システムメンテナンスのお知らせ
  • 記事ランキング