トラブル

吸排気口からツル性植物「クズ」が侵入、パワコン内で繁殖し、稼動停止(page 2)

エネテク 第1回

2018/03/08 05:00
加藤 伸一=日経BP総研 クリーンテック研究所
印刷用ページ

 エネテクが調査した低圧の太陽光発電所では、ツル性植物が架台に絡みはじめていた(図2)。低圧の太陽光発電所では、一般的に、PCSは架台に固定されている。

クリックすると拡大した画像が開きます
図2●架台に絡まるだけでなく、PCSの吸排気口に向かって伸びていくことが多い
吸排気口の外からでも、中にクズが繁殖していることがわかる(下)低圧の太陽光発電所における例(出所:エネテク)
クリックすると拡大した画像が開きます

 ツル性植物は、架台に固定されたPCSの付近にも伸びていた。PCSに絡みついて覆っているようなことはなかったが、PCSの近くで枝分かれしたツルが、PCSの吸排気口の中に伸びているのを見つけた。

 架台の近くにツル性植物が伸びている場合、このようにPCSの吸排気口にツルが伸びて向かっていくことが、なぜか多いという。

 吸排気口は、ファンの正常な稼動のために必要な構造である。日射が強く、太陽光発電電力が増えるほど、直交変換などを担うパワー半導体の稼動によって、PCS内の温度が高くなる。一定以上に過熱すると、PCSは稼動を続けられず、壊れてしまうために、ファンが稼動して過熱を防いでいる。

  • 記事ランキング