トラブル

「分散型パワコン」に壊れやすさのリスク、センサー不具合で出力半減

エネテク 第3回

2018/04/05 05:00
加藤 伸一=日経BP総研 クリーンテックラボ
印刷用ページ

 今回のシリーズでは、エネテク(愛知県小牧市)が、太陽光発電所の点検やO&M(運用・保守)を担う中で遭遇してきたトラブル事例を紹介している。同社は、2007年に設立された電気設備工事企業で、太陽光の施工も多く担当してきた。O&Mでは、点検時に原因の分析だけでなく、状況によっては、その場で不具合の原因を解消するといったワンストップの対応が特徴となっている(関連コラム)。

 第3回は、パワーコンディショナー(PCS)の出力が急に半減したトラブルを紹介する。最近、採用が増えつつある分散型で発生した。

 分散型は、出力数十kWという、これまでは低圧の送電線に連系する太陽光発電所で使われてきたような小出力のPCSを、高圧や特別高圧の送電線に連系する太陽光発電所で使う手法を指す。一般的な出力の大きいPCSを使う集中型に比べて、細かくわけて配置することから「分散型」と呼ばれる。主に、中国や台湾、ドイツのPCSメーカーの製品が使われている。一部、国内メーカーの製品が使われていることもある。

 今回のトラブルは、アジアのメーカーのPCS約50台を設置し、高圧送電線に連系する太陽光発電所で起きた。

 遠隔監視システムによって、このうち1台の出力が急に半減したことを把握した(図1)。

図1●発電量が急に半減
正常なPCS(上)と、発電量が半減したPCS(下)を比較。エネテクによる報告書の一部(出所:エネテク)
クリックすると拡大した画像が開きます
システムメンテナンスのお知らせ
  • 記事ランキング