トラブル

「太陽光パネルが土に埋まる」、「コネクターの多くが外れる」、設計ミスでトラブル続出(page 2)

エネテク 第5回

2018/04/26 05:00
加藤 伸一=日経BP総研 クリーンテックラボ
印刷用ページ

 そもそも、当初から斜面の地表ギリギリに接して、太陽光パネルを並べるような配置だったとみられ、その点で、設計面で無理があったのではないかと予想できる。

 また、単管パイプを組んで基礎や架台として使う場合には、構成や組み方によって、十分に安全を確保できる工夫を講じる必要がある(図2)。

クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
図2●アレイの端のパネルが土に埋まったり、石に乗り上げている
設計面で無理があったことが原因か(出所:エネテク)

 土に埋もれていた太陽光パネルの付近には、なんらかの原因で穴が空いているパネルもあった。

 線状に、なんらかの機械的な力が加わった跡がうかがえ、5枚のセル(発電素子)をまたぐように、細い穴が空いていた。その部分は、カバーガラスも突き破られている(図3)。

クリックすると拡大した画像が開きます
図3●穴が開いているパネル
ガラス基板を突き破っている(出所:エネテク)
クリックすると拡大した画像が開きます

 いずれも、通常では考えられない光景で驚かされたという。最悪の場合、火災などにつながりかねない不具合で、安全を十分に配慮した設計が求められる例といえる。

  • 記事ランキング