トラブル

「太陽光パネルが土に埋まる」、「コネクターの多くが外れる」、設計ミスでトラブル続出(page 4)

エネテク 第5回

2018/04/26 05:00
加藤 伸一=日経BP総研 クリーンテックラボ
印刷用ページ

 直列するパネルの枚数が異なると、ストリングごとの発電状況が変わる。

 ただし、小型のPCSを使い、PCSごとに異なるストリング構成で揃えるのであれば、パネル枚数に応じて最適にMPPT(最大電力点追従)制御するため、問題はない。

 また、PCSの機種によっては、複数の入力系統ごとに、最適にMPPT制御する機能を持つものものあり、その場合、ストリング構成が異なっても発電損失は起きない。

 しかし、この発電所では、集中型のPCSを採用していた。どのストリングも、最終的に1台のPCSに入力される。また、このPCSは、異なるMPPT制御に対応できる機種でもなかった。

 こうしたPCSを使って、直列枚数が大きく異なるストリングから、発電電力が入力されると、発電量の少ないストリングに合わせてMPPT制御される。

 直列枚数が9枚から15枚まで異なるストリングでは、発電量が大きく変わる。発電量の低いストリングに合わせてMPPT制御し、発電するので、15枚を接続した、本来はより多く発電できるストリングでも低い出力に抑えられる。

 この発電所では、このほかにも、さまざまな不具合が見つかったという(図5)。いずれも通常は見られないもので、適切に設計することの重要性を改めて認識させられる例といえる。

クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
図5●ほかにも多くの不具合が見られた
コンクリート上に乗りあげたり、金属製治具に触れて電線が損傷しやすくなっている(出所:エネテク)
【エネテクによるトラブル・シューティング】
  • 記事ランキング