トラブル

ストリングの正極と負極を逆に入力、発電はすべてロスに(page 2)

エネテク 第11回

2018/06/07 05:00
加藤 伸一=日経BP総研 クリーンテックラボ
印刷用ページ

 家庭用の交流の開閉器(ブレーカー)の場合、正極が向かって左で負極が向かって右に配線する仕様が多い。

 この仕様に慣れた作業者が、太陽光発電所の施工を担当した場合、正負の左右の並びが逆のことが多い接続箱の配線時に、日ごろの慣習そのままに配線してしまい、正負の極性を逆に入力するように施工してしまうというものだ。

 直流回路の正負極を逆に配線した場合、大きな電流が逆流してしまうリスクがある。正負極性を逆に接続すると、太陽光パネルによる発電電流はパワーコンディショナー(PCS)に向けて流れない。逆に、ほかの接続箱から、PCSに流れるはずの電流が流入することがある。

 このリスクを防ぐ手法として、ほとんどの接続箱には、逆流を防止するための対策が施されている。大きく、ヒューズを採用する場合と、ダイオードを採用している場合がある。

 逆流防止用にヒューズを採用している接続箱の場合、正負極を逆に入力した場合、太陽光発電所で発電を開始する際に、接続箱のスイッチをオン状態に切り替えた時に、ヒューズが溶断する。これによって、大きな電流が逆流することを防ぐ。

 逆流防止用にダイオードを採用している接続箱の場合には、溶断などはせずに、スイッチがオフ状態とおなじように、そこから先の送電が止まる。

 いずれにしても、極性を逆に接続した場合には、その回路からPCSには送電されず、そのままロスとなる。

【エネテクによるトラブル・シューティング】
  • 記事ランキング