トラブル

竣工検査で大量に発見、新型パネルのクラスタ故障(page 3)

エネテク 第21回

2018/11/08 05:00
加藤 伸一=日経BP総研 クリーンテックラボ
印刷用ページ

 エネテクによると、太陽光発電所の竣工検査で見つかったクラスタ故障として、多い枚数だったという。

 この太陽光パネルは、海外メーカー製のもので、新製品だった。

 このメーカーは、品質や信頼性に関して、日本国内の発電事業者やEPC(設計・調達・施工)サービス事業者などからの評価が比較的、高いことで知られている。

 ただし、新製品だったことから、工場における生産プロセスが十分にはこなれておらず、製造時の不具合が相対的に生じやすい状況だった可能性がある。

【エネテクによるトラブル・シューティング】
  • 記事ランキング