特集

20MWのパネルを2日で撮影し分析完了、ここまで来たドローン点検の現場(page 2)

AI活用で2MWあたり分析時間はわずか「3分」

2019/05/09 05:00
加藤 伸一=日経BP総研 クリーンテックラボ
印刷用ページ

 ドローンを使った熱分布画像の取得はどの程度、効率化できるのか。国内に多い出力約2MWの高圧連系の発電所の場合、空撮時間として15~20分間と公表するサービス企業が多い。これに対して、従来の地上を歩き回る方法の場合、1~2日間を要するとされる。規模が大きくなるほど作業時間の差はさらに開き、より効率的になってくる。

 エナジー・ソリューションズが点検したゴルフ場跡のメガソーラーでは、ドローンの空撮に関して、ノウハウが問われる条件があった。それは、太陽光パネルが設置されている場所の地面が平坦ではなく、その上に並んでいる太陽光パネルも上空から撮影したときの高低差が大きいことだった。

 熱分布画像から、不具合を生じている太陽光パネルの場所や、予想される不具合の種類を特定するためには、判別できる解像度で、かつ、熱分布を一定以上の正確さで把握できるレベルの画像を取得しなければならない。

 そのためには、太陽光パネルと赤外線カメラの距離、角度などが大きく影響する。谷や大きな凹凸を含む場所にパネルが設置されている場合、ドローンを一定の高度で飛行させると、パネルとの高度差や角度が場所によって変わってくる。そのため、必要なレベルの熱分布画像が得られないパネルが出てくる恐れがある。

 理想的には、太陽光パネルと赤外線カメラの距離、角度を一定に保つようにドローンを飛行させることである。エナジー・ソリューションズでは、これを事前の航路設定と現地での微調整によって実現している(図2)。

図2●自動飛行の航路と飛行位置の表示画面
(出所:日経BP)
クリックすると拡大した画像が開きます

 離着陸点に対する高低差を反映させながら自動飛行の航路を設定し、現地で実際の状況に合わせて微調整を加える。

 これによって、パネルとカメラの距離と角度を一定に保ち、求める水準の熱分布画像を取得できている。これを手動のラジコン操作で実現するのは難しいという。

 赤外線カメラで空撮する際の太陽光パネルとの角度は、45度程度に設定している。これによって、パネルのカバーガラスによる反射光の影響を最小化できるという。

 一度、こうした自動飛行の航路を確定できれば、同じ発電所を再度空撮する際には、その航路をそのまま使える。その都度、試験的に飛ばして航路を確定させる手法に比べて、バッテリー(蓄電池)を効率的に活用できる。

システムメンテナンスのお知らせ
  • 記事ランキング