特集

国内初! 太陽光と蓄電池による「自営線マイクログリッド」(page 3)

東松島市の挑戦する災害でも生き残る街づくり

2016/08/05 00:00
金子 憲治
印刷用ページ

4つの病院にも自営線で電力供給

 自営線のマイクログリッドには、自前の太陽光発電とディーゼル発電機がつながっているほか、東北電力の電力系統とも接続している。太陽光の電力と外部系統から一括受電した電気は、自営線を通じてエコタウン内の各住宅などに配電している。CEMSは需給管理や料金請求などに活用する。

 こうした自営線を使った電力小売事業の形態を「自営線PPS(特定供給事業者)」という。震災の後、被災地を中心に複数のスマートコミュニティ実証が計画され、稼働し始めているが、「自営線PPS」モデルを採用したのは東松島市だけだ。

 自営線マイクログリッド(配電ネットワーク)には、災害公営住宅「市営柳の目東住宅」の85戸のほか、周辺に位置する4つの病院、そして運転免許センター(以後、公共施設)がつながっている(図6)。このうち2つの大規模病院と公共施設が高圧需要家、それ以外は低圧需要家となる。これまでのところ昼間のピーク需要は350~370kWで推移しているという。

図6●自営線は公営住宅のほか、病院、公共施設につながる(出所:積水ハウス)
図6●自営線は公営住宅のほか、病院、公共施設につながる(出所:積水ハウス)
クリックすると拡大した画像が開きます

 「日中正午に晴天であれば、470kWの太陽光発電で、タウン内の全需要を賄える。太陽光の余剰分が出た場合は、蓄電池に充電し、夜間に放電している。需要全体の半分前後を太陽光由来の電気でまかなっているイメージ」(東松島市復興政策課)という。

  • 記事ランキング