水素

  • 洋上風力の余剰電力で水素製造、石狩湾新港で検討 洋上風力の余剰電力で水素製造、石狩湾新港で検討 グリーンパワーインベストメント(GPI、東京都港区)や北海道電力など6社は、洋上風力の余剰電力を使った水素製造プロジェクトを検討する。 [2021年07月28日]
  • 「水素タイル」を張り合わせ、地域社会を脱炭素化 「水素タイル」を張り合わせ、地域社会を脱炭素化 経産省 関東経済産業局長 濱野幸一氏に聞く  地方発の水素社会実現に向け、経済産業省の地方局である関東経済産業局(以下、関東経産局)が動き出した。国のグリーン成長戦略では、導入量拡大を通じて水素供給コストを化石燃料に対抗できる競争力を持たせるため、同省資源エネルギー庁本庁(以下、本庁)は大規模な水素発電やFC(燃料電池)大型トラック導入、水素還元製鉄など各分野における大量導入の検討や、海外産の安価な水素輸入と国内水素製造基盤の両立による大量... [2021年07月19日]
  • 静岡市とENEOS、製油所跡地のメガソーラーで水素を製造へ 静岡市とENEOS、製油所跡地のメガソーラーで水素を製造へ  静岡市とENEOSは、製油所跡地にメガソーラー(大規模太陽光発電所)を設置して水素を製造し、地域に供給するプロジェクトで連携する。 [2021年07月15日]
  • 山梨県産「太陽光水素」、五輪で運用のFCVに供給 山梨県産「太陽光水素」、五輪で運用のFCVに供給 ENEOSは7月8日、山梨県との間で再生可能エネルギー由来のグリーン水素の供給に関する合意書を締結したと発表した。 [2021年07月12日]
  • 東ガスと住商、横浜でMW級水電解装置を実証、英社製固体高分子型で 東ガスと住商、横浜でMW級水電解装置を実証、英社製固体高分子型で  東京ガスと住友商事は、英ITM Powerが開発したメガワット(MW)級の水電解装置を使用した、水素利用に向けた共同実証実験を実施することで合意した。 [2021年07月09日]
  • 水素の大規模調達を可能にする「現実解」 水素の大規模調達を可能にする「現実解」 MCH利用を推進する千代田化工が海外戦略の一端示す  海外で生産した水素の大規模輸送を、既存のタンカーやタンクを使って可能とする有機ケミカルハイドライド法。その実用化を強力に推進する千代田化工建設が5月28日、中国・四川省経済合作局などが主催した「2021 INTERNATIONAL CONFERENCE ON COOPERATION IN THE HYDROGEN ENERGY INDUSTRY」でオンライン講演した。 [2021年06月30日]
  • JAXAとホンダ、宇宙での循環システムを検討、太陽光で水電解 JAXAとホンダ、宇宙での循環システムを検討、太陽光で水電解  宇宙航空研究開発機構(JAXA)と、ホンダの研究開発子会社である本田技術研究所(埼玉県和光市)は、酸素や水素、電気を有人拠点や移動用車両に供給するための循環型再生エネルギーシステムの実現性について、共同で検討する。 [2021年06月29日]
  • 太陽光で水素製造、長崎市でイワテックが実証 太陽光で水素製造、長崎市でイワテックが実証  再生可能エネルギー関連事業を手掛けるイワテック(長崎市)は6月16日、太陽光発電の電力から水素を製造する「再エネ水素実証プラント」を建設し、実証運転を開始すると発表した。 [2021年06月26日]
  • メガソーラーで水素製造、工場・量販店で利用、山梨県で実証 メガソーラーで水素製造、工場・量販店で利用、山梨県で実証 山梨県、東レ、東京電力ホールディングス、東光高岳の4者は6月7日、甲府市米倉山の電力貯蔵技術研究サイトにおいて、グリーン水素へのエネルギー転換プロジェクト「H2-YES」におけるP2Gシステムの試運転を同日開始したと発表した。 [2021年06月11日]
  • 水素を活用した街づくり、福島で検討、県とトヨタなど 水素を活用した街づくり、福島で検討、県とトヨタなど  福島県とトヨタ自動車は6月4日、複数パートナーと共同で、福島県内で製造された水素を活用した未来の街づくりに向け検討を始めたと発表した。 [2021年06月07日]
  • 独BASFとRWE、2GWの洋上風力でCO2フリーの化学産業を実現へ 独BASFとRWE、2GWの洋上風力でCO2フリーの化学産業を実現へ ドイツの総合化学メーカーBASFと電力大手RWEは、将来にわたって持続可能な工業生産を実現するための共同プロジェクトに取り組む。 [2021年06月04日]
  • 「2050年脱炭素」で太陽光300G~400GW、電気代は上がる? 「2050年脱炭素」で太陽光300G~400GW、電気代は上がる? RITEに加え、WWF、京大がシナリオ分析を公表  5月13日に経済産業省の有識者会議で、RITE(地球環境産業技術研究機構)が「2050年カーボンニュートラルのシナリオ分析」を公表したのに続き、大学や環境団体から、独自にシミュレーションした、「2050年脱炭素」シナリオが発表された。 [2021年06月02日]
  • デンソー、工場内でCO2循環、太陽光で排ガスからメタン合成 デンソー、工場内でCO2循環、太陽光で排ガスからメタン合成  デンソー(愛知県刈谷市)は、工場から排出されるCO2を回収して循環利用する実証施設「CO2循環プラント」を、愛知県安城市にある同社・安城製作所の電動開発センター内に建設し、実証実験を進めている。 [2021年05月31日]
  • 臨海部を中心に「脱炭素」産業拠点、茨城県が構想 臨海部を中心に「脱炭素」産業拠点、茨城県が構想  茨城県の大井川和彦知事は、5月26日に開催された定例記者会見の場で「いばらきカーボンニュートラル産業拠点創出プロジェクト」を発表した。 [2021年05月27日]
  • 「燃料電池船」国内導入に向け販促、スイス企業が開発 「燃料電池船」国内導入に向け販促、スイス企業が開発 e5ラボ(東京都千代田区)は5月19日、スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)産学連携施設イノベーション・パークのスイス企業Almatechとの間で、水素燃料EV船「ZESST」の日本市場参入に伴い、プロモーションに関して提携したと発表した。 [2021年05月27日]
  • 「太陽光+燃料電池+蓄電池」で工場を運用、パナソニックが実証 「太陽光+燃料電池+蓄電池」で工場を運用、パナソニックが実証  パナソニックは5月24日、純水素型燃料電池システムと太陽電池を組み合わせた自家発電により事業活動で消費するエネルギーを100%再生可能エネルギーで賄う「RE100化ソリューション」を構築し、2022年春から実証を始めると発表した。 [2021年05月26日]
  • 豪州で水力由来のグリーンアンモニア、IHI・丸紅など検討 豪州で水力由来のグリーンアンモニア、IHI・丸紅など検討  IHIと丸紅、オーストラリアの大手エネルギー企業Woodside Energyは5月20日、オーストラリアのタスマニアにおいて、豊富な水力資源を活用した再生可能エネルギー由来アンモニア(グリーンアンモニア)の製造・輸出に関する事業性を検討・調査する覚書を締結したと発表した。 [2021年05月25日]
  • 太陽光の余剰を水素で貯蔵、清水建設が北陸支店でZEB達成 太陽光の余剰を水素で貯蔵、清水建設が北陸支店でZEB達成  清水建設は、金沢市で建設を進めてきた「清水建設北陸支店新社屋」が竣工し、5月17日から新社屋での業務を開始した。「超環境型オフィス」として、中規模オフィスでは北陸地域初となるZEB(ネットゼロ・エネルギー・ビル)を実現した。 [2021年05月19日]
  • パーム廃木から化学品と燃料、Jパワーと東大ベンチャーがFS パーム廃木から化学品と燃料、Jパワーと東大ベンチャーがFS  電源開発(Jパワー)は5月11日、東京大学発のバイオベンチャー企業であるGreen Earth Institute(GEI、東京都文京区)と共同で、マレーシアにおけるオイルパームの廃木を活用したバイオマス燃料および化学品製造の複合事業を検討すると発表した。 [2021年05月18日]
  • ENEOSとトヨタ、裾野市の実証都市で水素利用 ENEOSとトヨタ、裾野市の実証都市で水素利用  ENEOSとトヨタ自動車は、トヨタが静岡県裾野市で建設を進める実証都市「Woven City(ウーブン・シティ)」での水素利用について具体的に検討する。 [2021年05月11日]
  • 三菱重と日本IBM、「CO2流通」可視化、有価物として活用 三菱重と日本IBM、「CO2流通」可視化、有価物として活用  三菱重工業と日本アイ・ビー・エム(日本IBM、東京都中央区)は5月6日、CO2の流通を可視化し有価物として活用できるようにするデジタルプラットフォーム「CO2NNEX」(コネックス)の構築に向けて協力すると発表した。 [2021年05月10日]
  • 世界最大の水素運搬船向け貨物格納設備、川重が開発 世界最大の水素運搬船向け貨物格納設備、川重が開発  川崎重工業は5月6日、大型液化水素運搬船に搭載する1基あたり4万m3クラスの貨物格納設備(CCS)を開発し、一般財団法人・日本海事協会から設計基本承認(AiP)を取得したと発表した。 [2021年05月08日]
  • 太陽光で水素製造、ディーゼル発電で廃食油と混焼 太陽光で水素製造、ディーゼル発電で廃食油と混焼  宮城県富谷市と日立製作所、丸紅、みやぎ生活協同組合の4者は4月28日、同市で実施している「低炭素水素サプライチェーン構築実証」において、停電時でも発電できる水素混焼発電設備を追加設置し、本格運用を開始したと発表した。 [2021年04月30日]
  • 国交省、水素社会実現へ、「カーボンニュートラルポート」構築 国交省、水素社会実現へ、「カーボンニュートラルポート」構築 小名浜港など全国6地域の港湾を選定して検討 国土交通省は、国際物流の結節点・産業拠点となる港湾において、「カーボンニュートラルポート(CNP)」の構築に着手した。 [2021年04月28日]
  • 山梨県、メガソーラー電力で水素製造、近隣工場・小売店舗で利用 山梨県、メガソーラー電力で水素製造、近隣工場・小売店舗で利用 P2G実用化に向け共同事業体を設立へ、6月から実証実験  山梨県、東京電力ホールディングス(東電HD)、東レの3者は、カーボンニュートラル水素を製造、貯蔵・輸送、利用するP2G(Power to Gas)システムの実用化加速に向けた共同事業体「やまなし・ハイドロジェン・カンパニー(YHC)」(仮称)の設立に向けて検討する。 [2021年04月16日]
  • 記事ランキング