ニュース

  • ベトナムの鉄骨工場で太陽光売電事業、現地企業と共同 ベトナムの鉄骨工場で太陽光売電事業、現地企業と共同 Abalanceの子会社で太陽光発電事業を手掛けるWWB(東京都品川区)は、ベトナムの大手鉄骨製造企業Dai Dungが運営する鉄骨工場に太陽光発電設備を設置し、5月19日に売電を開始した。 [2019年06月17日]
  • FIT抜本見直し、市場ベースの「FIP」軸に議論へ FIT抜本見直し、市場ベースの「FIP」軸に議論へ 経済産業省は6月10日、再生可能エネルギー大量導入・次世代電力ネットワーク小委員会を開催し、固定価格買取制度(FIT)の抜本的な見直しに関し、論点整理とIEA(国際エネルギー機関)からの提言を受けるなど、今後の方向性を示した。 [2019年06月14日]
  • 法アセス対象の太陽光、運転開始期限を「5年」に 法アセス対象の太陽光、運転開始期限を「5年」に 経済産業省は6月10日、再生可能エネルギー大量導入・次世代電力ネットワーク小委員会を開催し、一定規模以上の太陽光発電所が新たに環境影響評価法(環境アセスメント)の対象となることに伴い、これまで「認定日から3年」としていた運転開始期限を5年に延ばす案を示し、委員から了承された。 [2019年06月14日]
  • 大島造船所、「完全バッテリー駆動式」自動運航船を建造 大島造船所、「完全バッテリー駆動式」自動運航船を建造 大島造船所(長崎県西海市)は、蓄電池からの電気だけで航行する「完全バッテリー駆動式自動運航船 e-Oshima」を建造し、6月12日に命名式を開催した。蓄電池が航行用の動力源のほか、通信・航海・無線機器、照明、空調など航行中のすべての電源に電力を供給する「ゼロエミッション船」となる。 [2019年06月14日]
  • 日新電機、研修施設に自家消費太陽光、「自己託送」で再エネ比率向上 日新電機、研修施設に自家消費太陽光、「自己託送」で再エネ比率向上 日新電機は6月12日、研修施設「日新アカデミー研修センター」(京都市)で「自家消費太陽光発電ソリューション」と「直流配電ソリューション」を順次開始すると発表した。 [2019年06月14日]
  • 長野県小海町で10MWのメガソーラー、米再エネ大手が日本で初の稼働 長野県小海町で10MWのメガソーラー、米再エネ大手が日本で初の稼働 SBエナジーと共同開発、ゴルフ場跡を活用、EPCは京セラ系 6月12日、長野県南佐久郡小海町で出力約10.3MWの「小海高原太陽光発電所」の運転開始セレモニーが開催された。 [2019年06月14日]
  • 北九州沖で浮体式洋上風力が稼働、国内初「バージ型」を実証 北九州沖で浮体式洋上風力が稼働、国内初「バージ型」を実証 NEDOは、北九州市の沖約15km、水深約50mの海域にバージ型浮体式洋上風力発電システムの実証機「ひびき」を設置し、5月21日から実証運転を開始した。 [2019年06月14日]
  • 京大、色素増感太陽電池で新材料、効率15%も視野に 京大、色素増感太陽電池で新材料、効率15%も視野に  京都大学は6月13日、現在世界最高のエネルギー変換効率を実現しているポルフィリン色素を上回る性能を示す、新規ポルフィリン色素を開発したと発表した。有機太陽電池の一種である色素増感型太陽電池の実用化に向けた大きな一歩になると期待される。 [2019年06月14日]
  • 米フェイスブック、122MWのメガソーラーから電力調達 米フェイスブック、122MWのメガソーラーから電力調達 米ファースト・ソーラー(First Solar)は5月30日、同社が米ユタ州に開発する出力122MWのメガソーラーが、米フェイスブック(Facebook)のデータセンターに電力を供給すると発表した。 [2019年06月13日]
  • CO2を回収して利用、出光・宇部・日揮など研究会 CO2を回収して利用、出光・宇部・日揮など研究会  出光興産、宇部興産、日揮の3社は6月10日、火力発電所や工場から排出されるCO2を回収して固定化し、資源へ転換する新技術の開発を目指す研究会「CCSU研究会」を設立したと発表した。 [2019年06月13日]
  • 僧侶が設立したTERA Energy、再エネ70%以上の電力を供給 僧侶が設立したTERA Energy、再エネ70%以上の電力を供給  宗派を超えた有志僧侶が設立した電気小売事業者TERA Energy(京都市)は6月3日、中国電力管内の寺院・飲食店・一般家庭向けに電力供給を開始した。再生可能エネルギー70%以上の電力を供給する。 [2019年06月13日]
  • インフォミクス、遠隔出力制御向け通信機器パック インフォミクス、遠隔出力制御向け通信機器パック 電力可視化サービス「電力見える化本舗」を運営するインフォミクス(三重県四日市市)は6月7日、太陽光発電遠隔監視システムの新製品「遠隔出力制御専用通信機器パック(モデル-N)」を販売開始した。 [2019年06月13日]
  • 「卒FIT」太陽光買取サービスに「発電量見守り機能」を追加 「卒FIT」太陽光買取サービスに「発電量見守り機能」を追加 スマートテック(水戸市)は6月6日、固定価格買取制度(FIT)による買取期間が終了する「卒FIT」住宅太陽光向け買取サービス「スマートFIT」において、無料の標準サービスとして「発電量見守り機能」を提供すると発表した。 [2019年06月12日]
  • チリの銅鉱山、全使用電力を石炭火力から再エネに転換 チリの銅鉱山、全使用電力を石炭火力から再エネに転換 チリのアントコヤ銅鉱山は、2022年度以降の操業に使う電源を石炭火力から100%再生可能エネルギーに転換する。5月23日、仏大手エネルギー事業者ENGIEの現地子会社ENGIE Energía Chileと電力購入契約を締結した。 [2019年06月12日]
  • 鹿児島市に49MWのバイオマス発電所が完工、パーム椰子殻など利用 鹿児島市に49MWのバイオマス発電所が完工、パーム椰子殻など利用 IHIや東京センチュリーなど8社が設立した七ツ島バイオマスパワー合同会社(鹿児島市)は5月8日、鹿児島市七ツ島にバイオマス発電所を建設し、5月7日に全体竣工したと発表した。 [2019年06月12日]
  • 横浜環境、RE100企業のグループ拠点に屋上太陽光を施工 横浜環境、RE100企業のグループ拠点に屋上太陽光を施工 横浜環境デザイン(横浜市)は6月1日、エンビプロ・ホールディングス子会社・しんえこ(長野県松本市)のリサイクル施設に屋上太陽光発電を設置する工事を受託・完工したと発表した。 [2019年06月11日]
  • タイBanpuなど、北海道むかわ町に22MWのメガソーラー稼働 タイBanpuなど、北海道むかわ町に22MWのメガソーラー稼働  タイのエネルギー事業者Banpu Powerなどは、北海道むかわ町に太陽光パネルの出力22MW、連系出力17MWのメガソーラー「むかわ町ソーラーパーク発電所」を建設し、6月6日に竣工式を開催した。 [2019年06月11日]
  • 「PERC採用品の劣化に注意」、太陽光パネルの信頼性調査 「PERC採用品の劣化に注意」、太陽光パネルの信頼性調査  太陽光発電に特化した独立系の調査機関である米PV Evolution Labs(PVEL)は6月4日、太陽光パネルの信頼性に関する調査結果をまとめた報告書「PVモジュール信頼性スコアカード」の2019年版を公開した。 [2019年06月10日]
  • 三井住友F&L、青森県五戸町に8.4MWのメガソーラー稼働 三井住友F&L、青森県五戸町に8.4MWのメガソーラー稼働 EPCはテス、パネルは京セラ、パワコンはTMEIC製 三井住友ファイナンス&リース(東京都千代田区)は、青森県五戸町に出力8.4MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)を建設し、5月24日に竣工式を開催した。 [2019年06月10日]
  • 関電グループ、無線給電の京大発ベンチャーに出資 関電グループ、無線給電の京大発ベンチャーに出資  関西電力グループのベンチャーキャピタル企業である合同会社K4 Ventures(K4V、大阪市)は6月5日、マイクロ波による無線給電技術を持つ京都大学発のベンチャー企業Space Power Technologies(京都市)の第三者割当増資を引き受けると発表した。 [2019年06月09日]
  • 九電も「卒FIT」買取単価を公表、IoTサービス初期費用ゼロに 九電も「卒FIT」買取単価を公表、IoTサービス初期費用ゼロに 2020年4月以降に「仮想蓄電池サービス」も  九州電力は6月6日、固定価格買取制度(FIT)の買取期間が終了した「卒FIT」住宅太陽光による余剰電力の買取条件を発表した。買取単価は7円/kWh(消費税相当額10%含む)とした。 [2019年06月09日]
  • 国内「RE100企業」全19社、都庁で小池都知事と会合 国内「RE100企業」全19社、都庁で小池都知事と会合 東京都は6月3日、国内企業で「RE100」を宣言した企業などとの「RE100アクションミーティング」を都庁で開催した。先進的な再生可能エネルギー推進企業の取り組み内容を共有しつつ、企業とともに電気を利用する側から再エネ拡大を牽引する動きを盛り上げていくことが目的。 [2019年06月07日]
  • デマンドレスポンスの経済価値を最大化、北大など制御技術 デマンドレスポンスの経済価値を最大化、北大など制御技術 北海道大学、名古屋大学、東京理科大学らは6月4日、電力需要を柔軟化するデマンドレスポンス(DR=需要応答)の解析・制御技術を開発したと発表した。 [2019年06月07日]
  • アフリカの非電化地域を「太陽光」で照らす、丸紅が事業参画 アフリカの非電化地域を「太陽光」で照らす、丸紅が事業参画 丸紅は6月3日、アフリカの未電化地域におけるソーラーホームシステム販売事業(SHS事業)を手掛ける英Azuri Technologiesに出資参画すると発表した。未電化地域住民の電化、生活の質向上、情報格差の是正といった社会解決への貢献を目指すとしている。 [2019年06月06日]
  • 石炭火力のCO2を有効利用、Jパワーと中国電力が検討 石炭火力のCO2を有効利用、Jパワーと中国電力が検討  電源開発(Jパワー)と中国電力は6月5日、石炭火力発電から回収したCO2を炭素化合物の資源として有効利用するカーボンリサイクルの検討に着手すると発表した。 [2019年06月06日]
  • 記事ランキング