特集

  • 米サンパワーが「太陽電池メーカー」ではなくなる!? 現地レポート アメリカ太陽光発電の最前線 米サンパワーが「太陽電池メーカー」ではなくなる!? 太陽電池製造を分離し「分散型エネルギーサービス」に特化  太陽光発電産業で、米国のサンパワー(SunPower)といえば、世界最高の変換効率を誇ったバックコンタクト方式(IBC) の結晶シリコン型太陽電池セル(発電素子)・パネルの製造・販売で知られる世界的な太陽電池メーカーである。 [2019年11月13日]
  • 「ポストFIT、自家消費時代の太陽光プロジェクト会社の生きる道は?」、トリナ・ソーラーの開発会社に聞く メガソーラービジネス 「ポストFIT、自家消費時代の太陽光プロジェクト会社の生きる道は?」、トリナ・ソーラーの開発会社に聞く メガソーラービジネス・インタビュー  太陽光パネル大手であるトリナ・ソーラーは、世界的なメガソーラー(大規模太陽光発電所)デベロッパー(開発企業)でもある。買取価格が市場連動型になり、さらに、地域活用型や自家消費を推進する政策に変わっていく中、どのような事業戦略を立てているのか、国内で太陽光発電所の開発・運営を担う日本法人、トリナ・ソーラー・ジャパン・エナジー(東京都港区)のカルロス・ガルシア社長に聞いた。 [2019年11月13日]
  • いよいよ来年に迫る、米加州の「新築建物への太陽光設置義務」(前半) 現地レポート アメリカ太陽光発電の最前線 いよいよ来年に迫る、米加州の「新築建物への太陽光設置義務」(前半) 建築関連企業と太陽光施工企業とのパートナーシップが盛んに  最近、米国カリフォルニア州では、今まで地域で聞き慣れた太陽光発電施工会社が社名を変えることが目立っている。例えば「ABCソーラー」(仮名)が「ABCソーラー・アンド・ルーフ」(仮名)に変わったり、屋根施工会社の「XYZルーフ」(仮名)が「XYZルーフ・アンド・ソーラー」(仮名)に社名を変更するといった具合だ [2019年11月06日]
  • 「FIT」から「FIP」への制度変更で、太陽光発電は増えるのか? 「再エネビジネス」最前線 「FIT」から「FIP」への制度変更で、太陽光発電は増えるのか? <第22回>買取価格の「市場連動」で売電収入はどうなる  経済産業省は再生可能エネルギー主力電源化制度改革小委員会(第1回:2019年9月19日)を開催し、ついに再エネ普及の手段である固定価格買取制度(FIT:Feed in Tariff)を終了させ、次の新しい制度のあり方について検討を始めた。 [2019年10月30日]
  • 基礎やフェンスの際、雑木や竹まで刈れる、電動ならではの多機能草刈機 PVロボット最前線 基礎やフェンスの際、雑木や竹まで刈れる、電動ならではの多機能草刈機 アタッチメントを換えるだけで機能が変わる 太陽光発電所において、「基礎やフェンスの際まで、雑草を刈りつくす」ことができるリモコン型草刈機が登場した。 [2019年10月30日]
  • 米で普及期待の両面受光型、「関税免除」撤回の影響は? 現地レポート アメリカ太陽光発電の最前線 米で普及期待の両面受光型、「関税免除」撤回の影響は? 米国内太陽電池メーカー、発電事業用で優位も  一度は関税を免れた「両面受光型太陽電池」が、また関税対象に戻ってしまった。2010年以降、米国では、中国などからの安価な太陽電池製品の大量流入により、国内で生産していた太陽電池メーカーは収益性が悪化し、次々と事業から撤退、または破綻に追い込まれた。 [2019年10月23日]
  • いよいよ国内住宅向けに「99万円」で参入、米テスラの蓄電池戦略とは? 再エネ蓄電池プロジェクト最前線 いよいよ国内住宅向けに「99万円」で参入、米テスラの蓄電池戦略とは? 米ベンチャーの旗手が描く再エネを最大活用できる社会インフラ 米テスラの日本法人は10月15日、日本で住宅向け蓄電システム「Powerwall」の販売を開始すると発表した。欧米やオーストラリア、ニュージーランドなどで展開している蓄電システムを、いよいよ日本でも販売する [2019年10月21日]
  • 「太陽光で成り立つ次世代農業」を模索、千葉の営農型太陽光ベンチャー 売電だけじゃない! 新・メガソーラー活用術 「太陽光で成り立つ次世代農業」を模索、千葉の営農型太陽光ベンチャー 自家消費型への展開も見据える 9月18日、千葉市緑区大木戸町にある営農型太陽光発電所(ソーラーシェアリング)「千葉市大木戸アグリ・エナジー1号機」において、千葉大学と京葉銀行によるイベントが開催され、同発電所の施設や発電、営農の状況が公開された。 [2019年10月16日]
  • 「バイオマス発電はFITに合わない」、バイオマス産業社会ネットワーク・泊みゆき理事長に聞く メガソーラービジネス 「バイオマス発電はFITに合わない」、バイオマス産業社会ネットワーク・泊みゆき理事長に聞く メガソーラービジネス・インタビュー 木質チップやパーム油など海外産の燃料を使った発電所の認定が急増し、稼働し始めている。一方で、輸入バイオマスによる発電事業に関しては、エネルギー自給に貢献しないなど、その推進に懐疑的な見方も多い。バイオマス産業社会ネットワークの泊みゆき理事長に、バイオマス発電の課題と今後の在り方について聞いた。 [2019年10月10日]
  • パネル設置で人手が足りず、ブローカーを通じて職人を集めました。法的に問題がありますか? 太陽光発電事業者のための法律Q&A パネル設置で人手が足りず、ブローカーを通じて職人を集めました。法的に問題がありますか? <第56回>太陽光発電の工事に介在する「ブローカーリスク」  太陽光発電の工事にあたっては、多くの職人を集めてこなければならず、下請け業者の中にブローカーが介在することもあります。ブローカーの多くは、建設業の許可を有しないことから、ケースによっては、建設業法違反が生じるケースも出てきます。 [2019年10月09日]
  • 米の電源構成、「2030年まで太陽光2割」を目標に! 現地レポート アメリカ太陽光発電の最前線 米の電源構成、「2030年まで太陽光2割」を目標に! 累積導入容量は500GW超! 北米最大の太陽光発電関連の国際展示会「ソーラー・パワー・インターナショナル(Solar Power International=SPI) 2019」(2019年9月23~26日)がユタ州ソルトレイク市で開催された。このトレードショーは、北米最大のエネルギー関連イベントで、スマート電力アライアンス(SEPA)と米国太陽エネルギー産業協会(SEIA)による共催となる。 [2019年10月07日]
  • ホンダが需要家で世界最大のNAS電池、瞬低対策用を系統安定化に活用 再エネ蓄電池プロジェクト最前線 ホンダが需要家で世界最大のNAS電池、瞬低対策用を系統安定化に活用 2018年初の大寒波時には、東電の遠隔DRで実運用も  今春の大型連休中、4月28日と29日に本田技術研究所(埼玉県和光市)の研究開発拠点で、大規模なナトリウム硫黄(NAS)電池システムを使って需給を調整する試みが実施された。 [2019年10月02日]
  • 千葉・水上メガソーラー事故、強風で損壊したメカニズム考察 「再エネビジネス」最前線 千葉・水上メガソーラー事故、強風で損壊したメカニズム考察 <第21回>アンカーケーブルが切れた理由を設計面から分析  今年9月9日、千葉県市原市のため池「山倉ダム」の水面にある「千葉・山倉水上メガソーラー発電所」が台風15号による強風で大規模に損壊し、一時火災も発生した。 [2019年09月25日]
  • 米「太陽電池関税」の影響、課税後に輸入量は逆に回復! 現地レポート アメリカ太陽光発電の最前線 米「太陽電池関税」の影響、課税後に輸入量は逆に回復! モジュールはマレーシア、セルは韓国が大半を占める  中国などからの安価な太陽電池製品の大量流入により、米国内で生産していた太陽電池メーカーは収益性が悪化し、次々と事業から撤退、または破綻に追い込まれた。国内製造業を保護するため、トランプ政権は昨年1月、結晶シリコン太陽電池 (CSPV)の輸入製品に対して4 年間にわたり関税を課すことを決定した。 [2019年09月20日]
  • 太陽光パネルの下、40度の急斜面も除草できるラジコン型草刈機 PVロボット最前線 太陽光パネルの下、40度の急斜面も除草できるラジコン型草刈機 100万円を切る価格で、乗用型の市場も狙う  農機メーカー大手のクボタが、ラジコン型の草刈機を製品化した。特徴は、法面などの急な斜面に強く、最大で40度の傾斜角でも安定した草刈りが可能なことである。 [2019年09月18日]
  • 【卒FIT太陽光の買取単価・一覧表】最高値はスマートテックとJXTGエネ メガソーラービジネス 【卒FIT太陽光の買取単価・一覧表】最高値はスマートテックとJXTGエネ 沖縄を除き、全エリアで10円/kWh以上が登場  今年11月以降、固定価格買取制度(FIT)の買取期間が終了する、いわゆる「卒FIT」住宅太陽光発電設備が現れる。その数は、2019年だけで53万件・約200万kW、2023年までに合計で165万件・670万kWに達する。 [2019年09月12日]
  • 太陽光パネルの取付業者が「偽装請負」と見なされる恐れはありますか? 太陽光発電事業者のための法律Q&A 太陽光パネルの取付業者が「偽装請負」と見なされる恐れはありますか? <第55回>メガソーラー建設現場における「労働者派遣法」違反のリスク  メガソーラー(大規模太陽光発電所)事業においては、広大な敷地に太陽光パネルを設置する多数の労働者を確保するため、下請業者として、単に職人を集めてきてメガソーラー施工業者に提供する役目を担う業者が介在する場合があります。 [2019年09月11日]
  • ウォルマートが「重過失」と提訴、屋根上太陽光の火災頻発で 現地レポート アメリカ太陽光発電の最前線 ウォルマートが「重過失」と提訴、屋根上太陽光の火災頻発で 第3者所有モデルによる急成長の裏で起きた「手抜き施工」!?  先月、米流通最大手ウォルマートは、太陽光発電の火災に関してテスラを相手に訴訟を起こした。ウォルマートによると、テスラの設置した太陽光発電設備が、ウォルマートの7店舗で火災を起こしたという。その後、さらにアマゾンでもテスラの設置した太陽光発電設備で火災が起こったと公表するなど、テスラにとって耳の痛いニュースが続いている。 [2019年09月06日]
  • 【メガソーラーランキング】未稼働含む「認定案件」では100MW以上が二桁に、宇久島480MWの次は? メガソーラービジネス 【メガソーラーランキング】未稼働含む「認定案件」では100MW以上が二桁に、宇久島480MWの次は? 経済産業省は、固定価格買取制度(FIT)に基づく「事業計画」の認定情報を公開している。今回はこれらの公開情報の中から、特別高圧送電線に連系する、出力(連系出力)2MW以上の「特高メガソーラー」に関する状況をまとめた。 [2019年09月04日]
  • 太陽光の新・O&M制度、経産省の思惑が見えた!? 「再エネビジネス」最前線 太陽光の新・O&M制度、経産省の思惑が見えた!? <第20回>FIT後を見据え、「O&Mコスト高止まり」を打開へ  固定価格買取制度(FIT)の「抜本見直し」により、太陽光発電については、ポストFITの枠組みへの移行が現実味を帯びている。太陽光発電業界はそうした将来を見据え、新たなビジネスモデルを打ち出している。高性能化と低コスト化が進む太陽光パネルを活用した「自家消費モデル」や「第3者所有モデル」などの話題もよく聞くようになった。 [2019年08月28日]
  • 米では大規模エネルギー貯蔵設備が「新たな電源」に 現地レポート アメリカ太陽光発電の最前線 米では大規模エネルギー貯蔵設備が「新たな電源」に 2023年に累積「3GW」まで急拡大へ  米国では大規模なエネルギー貯蔵設備が新しい「電力源」になりつつある。ここ数年、発電事業用の大規模エネルギー貯蔵の導入が急速に進んでいる。 [2019年08月26日]
  • 新築建物で太陽光の発電量が減った場合、どこまで損害賠償できますか? 太陽光発電事業者のための法律Q&A 新築建物で太陽光の発電量が減った場合、どこまで損害賠償できますか? <第54回>太陽光発電パネルへの日照阻害が発生した場合の損害賠償金額  隣地の太陽光パネルへの日照阻害が発生した場合、損害賠償責任に関するトラブルが発生すると、本来、売電により得られるはずだった売電利益を得ることができなかったとして損害賠償責任が論点となるケースがあります。 [2019年08月23日]
  • 「火を噴くジャンクションボックス」、NTT西の新会社がドローン点検で発見 PVロボット最前線 「火を噴くジャンクションボックス」、NTT西の新会社がドローン点検で発見 AIで分析の効率化を急ぎ、風力でも実績を伸ばす NTT西日本は今年4月、ドローンを活用したインフラ点検の新会社「ジャパン・インフラ・ウェイマーク」(東京都中央区)を設立し、営業を開始した。 [2019年08月21日]
  • 「新法で洋上風力の実現に一歩、だが壁も多い」、荒川忠一東大名誉教授に聞く メガソーラービジネス 「新法で洋上風力の実現に一歩、だが壁も多い」、荒川忠一東大名誉教授に聞く メガソーラービジネス インタビュー 政府は、洋上新法に基づく有望区域と促進区域を公表し、国内でも一般海域での洋上風力発電プロジェクトの開発が動き出した。世界風力エネルギー学会・副会長を務める荒川忠一東京大学名誉教授・京都大学特任教授に聞いた [2019年08月15日]
  • 「太陽光の次は蓄電池」、州政府が相次いで普及政策を導入 現地レポート アメリカ太陽光発電の最前線 「太陽光の次は蓄電池」、州政府が相次いで普及政策を導入 電力会社への「調達義務付け」や「補助金プログラム」など 2年前、米国カリフォルニア州太陽エネルギー産業協会の政策アドバイザーが 、「2017年のエネルギー貯蔵市場は、太陽光発電市場が2007年にいた位置にいる」と言っていた。つまり、エネルギー貯蔵市場は、太陽光発電の10年後を追っていると評価されている。太陽光発電市場の成長過程を振り返ると、1990年代の終わりから2000年代の初めは「コストが高い」とされ、補助金など州政府による政策的な後押し無しでは、... [2019年08月08日]
  • 記事ランキング