半導体不足は常態化?その傾向と対策

2021年初から顕在化し、自動車や電子機器の生産に深刻な影響を及ぼし続けている半導体不足――。その影響は2022年以降も続くとの見方が大勢を占めるようになった。なかには、半導体不足は常態化し、産業の種類に関係なくその調達の巧拙がビジネスの成長を大きく左右する時代が来るとみる意見さえある。本特集では、半導体不足はどこから顕在化してどう広がったのか、その経過を振り返る。そして、半導体の種類ごとに受給バランスを細かく分析してリスクの大小を評価したうえで、半導体を使った機器やサービスを提供する企業やユーザー企業が今後とるべき対策を解説する。

半導体不足は常態化?その傾向と対策