がんを早期発見する簡易検査が続々

がんは働き盛りのビジネスパーソンにも容赦なく襲いかかる。早期の発見が高い生存率に直結するだけに、定期的ながん検診が急務とされる。そうした中、一部の企業は「仕事と治療の両立」に向けて罹患した社員の支援を始めている。企業を含む社会全体ががんに対する備えを進める一方、体に負担をかけない簡便な検査で、がんリスクの一次スクリーニング(ふるい分け)ができるソリューションが続々と登場している。手軽な検査は、受診率が低いがん検診への「橋渡し役」が期待される。線虫、尿、血液、涙、ディープラーニングなど、バラエティに富むスクリーニング技術を紹介する。

がんを早期発見する簡易検査が続々