日本マイクロソフトやパソコンメーカーなどが加盟するウィンドウズ デジタルライフスタイル コンソーシアム(WDLC)は2019年6月21日、キーボード検定サイト「キーボー島アドベンチャー」の無料体験および「パソコン×自由研究コンテスト2019」の開催を2本柱とした夏のキャンペーンを発表した。2020年度から始まる小学校での“プログラミング教育必修化”に向けて、子供たちがパソコンスキルを身に付けられるように支援する。

WDLCが公開したキャンペーンサイト

 キーボー島アドベンチャーは、Webブラウザー上でキーボード入力を練習できるスズキ教育ソフトのWebサイト。キャラクターと対戦する形式をとり、子供たちがゲーム感覚で取り組めるのが特徴だ。通常は教育機関でのみ利用できるものだが、2019年6月21日~8月31日までの期間限定で、家庭でも体験できるようにする。1級まで合格すると、合格時の入力スピード順にランキングされ、全国トップ10に入った子供には、BBC(英国放送協会)が企画した教育向けの小型コンピューター「micro:bit(マイクロビット)」の教材キットがプレゼントされる。参加するには、キャンペーンサイトでIDとパスワードを申請する必要がある。

スズキ教育ソフト「キーボー島アドベンチャー」の画面例。通常は学校向けのサービスだが、今回のキャンペーンでは家庭で挑戦できる

 パソコン×自由研究 コンテスト2019は、学研キッズネットの人気特集「夏休み!自由研究プロジェクト」と共同で開催するコンテスト企画。自由研究の成果をパソコンでまとめ上げることで、文書やスライドの作成、またファイルのコピーや保存といったパソコン操作スキルを身に付ける。作成した文書やスライドは、コンテストのWebページからデータをアップするか、郵送して応募する。受付期間は2019年7月20日~9月8日まで。優秀作品の制作者やコンテスト参加者には豪華賞品を用意するという。

 WDLCでは2018年6月から、学校でのプログラミング教育を支援する「MakeCode×micro:bit 200 プロジェクト」を実施している。プログラミング教育の必修化に先立ち、いち早くプログラミング教育を取り入れたい小学校などに対して、小型コンピューター「micro:bit」を無償提供するプロジェクトだ。当初100団体の予定を200団体に拡大して提供し、授業などで活用してもらうとともに、授業案やノウハウの共有に取り組んでいる。

キーボード入力やファイル操作に課題

 同プロジェクトでは、すでに160校がプログラミング授業を実施するなど成果が出てきている一方で、課題も見えてきた。東北大学大学院情報科学研究科の堀田龍也教授らの研究チームが同プロジェクトに参加した学校の教員を対象に調査を実施したところ、児童が身に付けているパソコン操作スキルと、教員が児童に期待するスキルとの間には、ギャップが存在することがわかった。具体的には、「キーボードでのローマ字入力」「ファイルのコピー・移動」「ファイルの保存」などのスキルについて、教員が期待するレベルと児童たちのレベルに大きな差が見られるという。

出典:日本教育工学会研究報告集 JSET19-2 『micro:bitが配布された小学校200校を対象としたプログラミング教育の実施状況に関する調査』 東北大学大学院 情報科学研究科 堀田龍也教授らの研究チームによる分析(グラフは調査結果を基にWDLCが作成)

 この調査結果を受けてWDLCが企画したのが、この夏のキャンペーンだ。小学校でプログラミングが必修化される前の“最後の夏休み”を使い、キーボード入力、そしてファイルのコピーや保存などのパソコン操作スキルを、子供たちに身に付けてもらう。WDLCの梅田成二会長(日本マイクロソフト 執行役員 コンシューマー&デバイス事業本部 デバイスパートナー営業統括本部長)は、「子供たちはスマホやタブレットの操作には慣れているが、調査結果にあるようなパソコン独特の操作に慣れていない。このスキルアップの手伝いをするために、2つのキャンペーンを実施する」と、今回のキャンペーンの狙いを説明する。

WDLCによる発表会に登壇したWDLCの梅田成二会長(中央)、スズキ教育ソフト 取締役の小田典央開発部長(左)、学研プラスの松井謙介メディアビジネス部部長(右)