学習データ・eポートフォリオで作る「個別最適化された学び」

パネリスト 東京学芸大学 ICTセンター 教授 森本康彦氏

森本 教員養成系大学である東京学芸大学では、学校の現場の先生方と話をする機会が多くあります。そうした中で聞こえてくるのは「なぜこんなにICTやデータ活用を急ぐのか」「GIGAスクール構想は整備しなければいけないのか」といった声です。

 2020年にGIGAスクール構想や新型コロナ対策で、急にICT活用の導入が進み始めたと感じている教員は多くいますが、私は、実は以前からICT活用は進んでいて、ようやくこれが加速され当たり前の時代になった、と説明するようにしています。

 人類が狩猟社会(Society1.0)から農耕社会(Society2.0)、工業社会(Society3.0)を経て知識基盤社会(Society4.0)に達し、これから新しい社会である「Society5.0」を迎える中で、知識や技能を総動員して活用し課題を解決していくSTEAMの重要性を説いています。

 解き方があらかじめ決まった問題を効率的に答える力を育むのではなく、蓄積された知識の中から何が重要かを主体的に判断して、その解決を目指して他者と協働しながら新しい価値を生み出していくことが必要なのです。

東京学芸大学ICTセンター教授の森本康彦氏は、学んできた知識や技能を礎にさまざまな課題を解決していき、どう進歩してきたかを「学びのポートフォリオ」や「学習ログ」に記録して、成長を実感することが重要と話す
出所:2020年12月4日「デジタル教材とEdTechの活用」座談会資料

 これまで学んできた知識や技能を礎に、言語能力や情報活用能力、問題発見・課題解決力などの資質・能力を育てるために「学びのポートフォリオ」や「学習ログ」を活用していきます。ICTは、これまで点で学んできた知識を、線の学びとして繋いでいくための重要なツールです。そして学んできたことを記録していく「eポートフォリオ」や「学習ログ」の役割が大切になります。

 そもそも「学ぶ」ことは、単に暗記をするのではなく、自ら考えて「気づく」ことです。教員の役割は、知識を教え込んでいくことではなく、いかに児童・生徒に学びとしての気づきを与えていけるかが重要です。主役は児童・生徒であって、教員は学びを導くファシリテーターであるべきなのです。

 では、「学びの個別最適化」とはどういうものでしょう。単にその人の能力にあったレベルの学びを与えることではありません。児童・生徒が主役になって、いつどこでも、誰と、どのような学びを行なっている時でも、その学習者とその状況に応じた最適な環境、支援、学習コンテンツ、学び合う仲間などが手に入るようにする。そんな夢のような学びを先端のICT技術と教育理論を組み合わせて実現することなのです。

 ICTの環境はGIGAスクール構想によって整備されていきますが、こうした学びそのものを実現していくことこそが教員の大切な仕事になります。