NECパーソナルコンピュータとレノボ・ジャパンは2019年12月7日、小中学生を対象にしたプログラミングコンテスト「第2回 NECレノボ キッズ・プログラミングコンテスト」の最終審査会と表彰式を東京・秋葉原で開催した。このコンテストは、ボード型の小型コンピューター「micro:bit」(マイクロビット)を活用した「モノづくり」が応募の条件。「自由部門」「課題解決部門」の2つの部門で募集した。

 最終審査の対象は、両部門とも4人の小学生。登壇した小学生は、プレゼン資料をプロジェクターで映し出しながら、自分の作品の特徴や作品を作ったきっかけなどを紹介した。課題解決部門の1人は、録画したビデオでの参加となった。

 自由部門の最優秀賞は、東京都の小学校4年生の松本遼馬さんが受賞した。受賞作品は、「りょうまのボクシングゲーム」。micro:bitを入れたグローブのパンチで画面上の相手を倒すゲームだ。

自由部門の最優秀賞の作品「りょうまのボクシングゲーム」。micro:bitを入れたグローブのパンチで画面上の相手を倒す

 課題解決部門の最優秀賞は、千葉県の小学校6年生の近藤結実さんが受賞した。受賞作品は、1日に2回、自動で水槽にエサを落とす「メダカのためのえさやり機」。時計の短針に付けた磁石にmicro:bitが反応してモーターを動かし、エサを落とす仕組みだ。

課題解決部門の最優秀賞の作品「メダカのためのえさやり機」。1日に2回、自動で水槽にエサを落とす
「メダカのためのえさやり機」についてプレゼンする小学校6年生の近藤結実さん
自由部門で「micro:bit教育財団賞」を受賞した遠藤最さんの「マイクロビットバランスボード」。写真の遠藤さんは東京都の小学校3年生
「マイクロビットバランスボード」のプログラムについて説明する遠藤さん
最終審査会の登壇者と審査員で記念撮影
(この写真はNECパーソナルコンピュータの提供)