大阪教育大学は2020年1月21日、「『教師』の魅力発信」を目指すクラウドファンディングの取り組みを開始した。目標金額は100万円で募集期間は2020年3月19日まで。教職経験者から「教師冥利に尽きるエッセイ」を集め、Webサイトで公開するなどして、「教師の魅力を発信するとともに、教師を目指す高校生や大学生のキャリア教育教材として活用する」。集めた寄付金は、エッセイを発信するWebサイトの制作や公募の告知に充当するという。大阪教育大学理事・事務局長の新津勝二氏がプロジェクトリーダーに就任している。

 寄付は、5000円から10万円まで5種類のコースを用意している。5000円の場合は、「感謝の手紙」「オリジナルクリアファイル」「特設サイトでの名前掲載」などの特典がある。10万円の場合は、「感謝の手紙」「オリジナルクリアファイル 10枚」「オリジナルノート 10冊」「オリジナルペン 10本」「特設サイトでの名前掲載」などの特典がある。

クラウドファンディングの紹介・申し込みページ

目標金額は100万円で募集期間は2020年3月19日まで