鳥羽市石鏡(いじか)町を舞台に映像を制作

 生徒たちは鳥羽学の中で、鳥羽の文化について調べたり、VR映像の制作方法を学んだりした。また、海女漁の舞台である鳥羽市石鏡(いじか)町でフィールドワークを行うなどして、海女漁について調査した。授業やフィールドワーク、映像制作の様子を振り返ってみよう。

2019年7月11日の授業。アルファコードの代表取締役社長 CEOの水野拓宏氏が、VR映像の仕組みや撮影のコツなどを教えた
生徒はこの日、VR空間の中での授業も体験した。空間内を自由に動き回って、撮影のポイントなどを学んだ
ゴーグルを装着してVR空間を体験している生徒
ほかの生徒は、アバターで表示されている
思い思いの方向を向いて、VR空間を体験している生徒たち
水野社長からVR映像制作のポイントを学習
VR映像に欠かせない360度カメラの使い方も学んだ
VR映像は、海女漁の盛んな鳥羽市石鏡(いじか)町を舞台に撮影した
(写真提供:鳥羽市)
鳥羽市立 海の博物館で海女について調査する生徒
(写真提供:鳥羽市)
映像のまとめ方について話し合う生徒
(写真提供:鳥羽市)
取材した内容を紙にまとめて整理
(写真提供:鳥羽市)
映像の構成も時間をかけて検討した
(写真提供:鳥羽市)