NECは2020年2月17日、政府が推進するGIGAスクール構想に向けて学習者用端末やネットワーク製品群、デジタル教材やサービスなどを提供していくと発表した。

 GIGAスクール構想では、高速な校内ネットワークを構築し、小中学生が1人1台のパソコンやタブレット端末を使えるようにするため、予算措置をして整備を進めていく。NECが発表したのはGIGAスクール構想で提示された仕様に準拠した端末などの製品・サービス群。

 児童・生徒の利用を想定した学習者用端末として発売するのは、Chromebookの「Chromebook Y2」とWindows 10 Proを搭載した「Versa Pro Eシリーズ タイプVR」の2機種。それぞれ無線LANモデルとLTEモデルがあり、いずれも価格はオープン。Chromebook Y2は2020年6月下旬、Versa Pro Eシリーズは10月下旬からの販売開始を予定している。

GIGAスクール構想に適合した学習者用端末として2020年6月下旬に出荷を開始するChrome OS搭載の「Chromebook Y2」

 Chromebook Y2は、同社が2019年11月に発売した「Chromebook Y1」に続くモデルで、OSはChrome OS、CPUはCeleron N4020、4GBのメモリー、32GBのeMMCなどを搭載する。ディスプレイはタッチ対応の11.6型だ。

 Versa Pro Eシリーズ タイプVRは、Celeron N4020、4GBのメモリー、64GBのeMMC、タッチ対応の11.6型ディスプレイを搭載する。

Windows 10 Proを搭載した学習者用端末「Versa Pro Eシリーズ タイプVR」は2020年10月下旬に出荷を開始する

 両機種とも前面と背面カメラを搭載し、無線LANやBluetoothなどの無線機能、USB 3.0のType A端子とType C端子、microSDメモリースロットなどのインタフェースを装備する。

 ネットワーク関連では、ルーターやスイッチ、無線LANアクセスポイントなどの校内LAN向けの製品群を2020年4月に発売する。5年間の無償保証を提供するとともに、NECプラットフォームズの無料クラウド型統合管理サービス「NetMeister(ネットマイスター)」を利用すれば、ネットワーク機器をクラウド上から一元的に管理して運用の負荷を軽減できるという。

 こうした製品群とは別に、新しい学習指導要領(小学校は2020年度、中学校は2021年度、高校は2021年度から全面実施)に掲げられたICT活用学習を充実していくため、デジタル教材や学習支援サービスのプラットフォームとして教育クラウド「Open Platform for Education」を2020年4月から提供する。このプラットフォームを通じて、デジタル教科書を配信するほか、すららネットのドリル教材「ピタドリ」、ジョイズの英会話アプリ「TerraTalk」、ロジカ・エデュケーションのプログラミング教材「ロジカ式 for SCHOOL」を2020年度に限り無償で利用できるようにする。