レノボ・ジャパンとNTTコミュニケーションズ(以下、NTTコム)は2020年3月3日、国・文部科学省が推進する児童・生徒1人1台に端末を整備するGIGAスクール構想に向けて、学習者向け端末とクラウド型教育プラットフォーム、端末管理ツール、各種デジタル教材をパッケージ化した「GIGAスクールパック」を共同開発し、同日から申し込み受付を開始すると発表した。

レノボとNTTコムが共同開発した「GIGAスクールパック」の提供内容

 GIGAスクールパックの学習者用パソコンは、Windows 10 Proを搭載する「IdeaPad D330」とChrome OSを搭載する「300e Chromebook 2nd Gen」。これらにNTTコムのクラウド型教育プラットフォーム「まなびポケット」、端末管理ツール、東京書籍がレノボと共同開発したプログラミング教材「みんなでプログラミング」、アドビシステムズのプレゼンテーション作成ツール「Adobe Spark」を組み合わせてパッケージ化した。大量導入されることを前提に、想定価格を税込み4万4990円と、GIGAスクール構想の補助金額4万5000円以内に収めた。

レノボとNTTコムが共同開発したGIGAスクールパックに協力したアドビシステムズ、グーグル、東京書籍、日本マイクロソフトの各社も登壇し、GIGAスクール構想の市場を開拓していくことで協力する

 レノボの安田稔副社長は「レノボは世界の小中高向け教育市場で21.6%のシェアを持つ。今回、GIGAスクール構想に向けたパッケージをNTTコムと組んで提供していく」と話した。

 GIGAスクールパックでNTTコムが提供するのは、既に全国60以上の教育委員会、400校以上の学校に導入実績がある「まなびポケット」の基本機能(シングルサインオン、学習履歴管理など)に、授業支援システム「schoolTakt(スクールタクト)GIGAスクール版」、学習コンテンツ、授業記録システムをまとめたもの。「schoolTakt」は3年の利用ライセンスだが、そのほかのコンテンツは永続利用が可能だ。

 NTTコムの菅原英宗常務は、「プラットフォームを提供するだけでなく、利活用を促していく」と話し、オンライン研修をセットにすることで、教育現場に円滑に導入できるようにする。

 GIGAスクールパックで、特別学習コンテンツとして提供する「みんなでプログラミング」は、学校でプログラミングを取り入れた授業を実践する教材と、教員用指導ガイドなどをパッケージにしたもので、レノボと東京書籍、NECパーソナルコンピュータが共同開発した。2020年8月に提供を開始する。

 アドビシステムズが提供する「Spark」は、教育機関が無償で使えるWebベースのプレゼンテーション作成ツール。既に世界で1800万人以上の児童・生徒が利用しており、豊富なテンプレートを使いながらポスターなどを作成したり、コーディングなしでWebページやスライドショームービーなどを作成したりできる。

 レノボは、今回のGIGAスクールパックの発表に合わせて、Chrome OSを搭載するコンバーチブル型の「300e Chromebook 2nd Gen」と「500e Chromebook 2nd Gen」、タブレット端末「10e Chromebook Tablet」、Windows 10 Pro を搭載した「300e 2nd Gen」の4モデルも発表した。いずれもGIGAスクールの標準仕様に合わせた学習者用端末。

 「300e Chromebook 2nd Gen」と「500e Chromebook 2nd Gen」は、11.6型回転型ディスプレイ(1366×768ドット)、4GBメモリー、32GB eMMC、前面/背面カメラ、無線LAN、microSDメモリーカードスロットなどを搭載する。500e Chromebook 2nd Genには電子ペンが付属する。両モデルとも本体重量は1.32キロ。300eはCPUにAMD製A4-9120C APUを搭載し、価格は税別4万80000円、500eはインテルのCeleron N4120を搭載し、価格は税別5万8000円で、いずれも3月発売予定。

GIGAスクールパックの端末として提供される300e Chromebook 2nd Gen
500e Chromebook 2nd GenはCPUがCeleronで、電子ペンが付属する

 「10e Chromebook Tablet」は、10.1型ディスプレイ(1920×1200ドット)を搭載し、4GBメモリー、32GB eMMC、前面/背面カメラ、無線LANなどを搭載するタブレット型のChromebook。本体重量は520gで、別売のキーボード付きケースを装着すると960g。価格は税別5万2000円で、3月発売予定。

タブレット型の10e Chromebook Tabletは、キーボードを装着して利用することもできる

 「300e 2nd Gen」は、11.6型回転型ディスプレイ(1366×768ドット)、4GBメモリー、32GB eMMC、前面/背面カメラ、無線LAN、microSDメモリーカードスロットなどを備えたWindows 10 Pro搭載のノートパソコン。「Active Pen」が付属する。本体重量は1.32kg。CPUはCeleron N4120。価格は未定で、4月以降の発売を予定している。

Windows 10 Proを搭載した300e 2nd Gen