小中学校のインターネット接続状況を見ると、51.3%が教育委員会やデータセンターに回線を集約する方式を採る。センターがボトルネックになり、十分な通信帯域が得られない恐れがあると指摘されている
出所:文部科学省の発表資料