ICT活用教育のカギを握るのは、児童・生徒を導く教員だ。GIGAスクール構想で整備されたインフラを活用するには何が必要なのか。奈良県と茨城県つくば市のキーパーソンが議論する。
奈良県教育委員会 奈良県立教育研究所 主幹 小崎誠二氏(写真左)
県域の共同調達をして、同一ドメインで公用アカウントを導入した奈良県において、教育の情報化推進の中心的役割を果たす。「教育データの利活用に関する有識者会議」をはじめ、文部科学省の各種委員を歴任。

つくば市総合教育研究所 兼 教育指導課 情報担当指導主事 中村めぐみ氏(写真右)
茨城県つくば市において学校と家庭をつなぐ「シームレス学習」を推進。「教育データの利活用に関する有識者会議」を務める。

司会:江口 悦弘=日経パソコン編集長・教育とICT Online編集長
まとめ:小槌 健太郎

 GIGAスクール構想で児童・生徒に1人1台のコンピューターが整備された先に重要になるのが教員の意識と教え方改革だ。これまでの対面で教えるやり方から、教育データを活用して、子供たち個々人に合わせた学びを促していくように教員の役割も変わっていく。

 文部科学省の「教育データの利活用に関する有識者会議」の委員を務め、それぞれの自治体で先端的な取り組みを進める2人の教育関係者が、学校教育の現状と両自治体での取り組み状況などについてオンラインで語り合った。

 対談の後編では、教育データの利活用で児童・生徒の学びはどう変わるか、教員が新しい学びに対応していくにはどうすればよいかを議論した。

——GIGAスクール構想で小中学校にコンピューターが整備されていく中で、つくば市と奈良県はそれぞれどんな子供を育てていきたいと考えていますか。

中村 つくば市の最終的な目標は「自立した学習者」を育てることです。将来のキャリアについても自分自身でプロデュースしていけるような子供たちを育てていきたいと考えています。児童・生徒が自分の端末を使って、これまでに学習したデータをいつでも参照できるようにします。弱点や強みを常に振り返って分析しながら、次の学びに必要な情報を取り得て単元の学習に生かしていくといったように、学びの進め方まで自分で組み立てることができる子供にしたいですね。

 つくば市にはもともと協働学習ツール「STUDYNOTE(スタディノート)」という意見交換や共有に使うグループウエアがあります。クラウド上の掲示板でやり取りをしたり、自分の学びのポートフォリオを保存したりできるフォルダーがあり、自分のアカウントで全ての学びを管理できるようになっています。1人1台端末でも、それを活用していくことを考えています。

小崎 中村先生の話を聞いていて驚きました。考えていることはほとんど同じです。離れている所で別々に考えても、ゴールは同じなのだなと。「自分で勉強できる子になる」というのが奈良県のイメージ、コンセプトです。学びのポートフォリオについても、例えば奈良市などでは人工知能(AI)ドリルを導入して学習者自身にひも付いたデータを教員から参照できるようにするなど、自分で学びを進めていけるような工夫をしている自治体があります。

 これは、教員の役割がこれまでの「先生が知っていることを教える」から、「児童・生徒の学びを促す、引き出す支援者」に変わっていくことでもあります。授業は先生が主人公だと思っている人には、受け入れるのが少し難しいかもしれませんね。例えば、教員と児童・生徒、保護者の三者面談なんかも、子供が、自分の学びの状況や将来のキャリアなどについて現状や希望などを説明し、教員がそれを聞く役割、というスタイルも出てくるのではないでしょうか。

つくば市立みどりの学園義務教育学校では、教室の外でも探究学習に1人1台の端末を生かす
つくば市立みどりの学園義務教育学校では、教室の外でも探究学習に1人1台の端末を生かす
[画像のクリックで拡大表示]

教育データはまず学習者に持たせるべき

中村 社会に出ていく際、就職活動の面接に自分の端末を持っていって、「小学校ではこんな学びをして、中学校ではこのような発見をし、高校ではこういう活動をしてきたので、この会社で働きたい」というようなプレゼンができるようになると面白いと感じています。

小崎 これまでの通知表は、教員が生徒を評価して、それを数値化や文章化して示していました。通知表をやめて、子供が自分の学んだことをまとめて先生に見せる、教員がそれを確認・評価し、後押しして伸びていくきっかけを作っていくというようなスタイルはどうだろうという議論をしたことがあります。これまでなかった考え方ですが、多くの教員がおもしろいと言ってくれましたね。

中村 小崎さんと私が委員を務めている「教育データの利活用に関する有識者会議」の議論でも出ているのですが、最初に学びのデータを戻すのは学習者自身であるべきです。教育データを学習者にフィードバックしていく仕組みを、自治体は構築していく必要があるでしょう。

小崎 教育データについては、突き詰めて考えていくと、同じデータでも学習者が見るのか、教員が見るのか、視点が変わることでデータそのものの価値や意味が変わってきます。質の高い教育データというのは、多面的に見ることができるものではないかと思います。

 例えば、自宅に端末を持ち帰ってドリル学習をしたとします。子供の側からはどの単元を何時間やって、何点だったかということが見える。一方、教員の側からは何時にどの場所で学んで、ほかの生徒と比べて正答率はどれくらいだったかということが見える。そんな、それぞれが必要なデータを分析できる仕組みになっていけばいいなと思います。

奈良市立都祁小学校では日頃からChromebookを授業で活用している
奈良市立都祁小学校では日頃からChromebookを授業で活用している
[画像のクリックで拡大表示]

中村 AIドリルで学習したような数値的なデータと、子供たちがどのように成長してきたか変容を見るデータの2種類が必要だと思います。数値など定量的なデータはCBTを基に分析できますが、子供たちが学びを通してどう変わってきたか、例えば最初の単元と最後の単元ではどのように理解が変わったかとか、発言がどう変わっていったかといったような定性的なデータも取っていきたいです。

 例えば国語の授業では、同じ時期に同じようなテーマの作文を書く単元があります。小学校1年から6年まで毎年書いていった作文がどう変わっていったか、あるいは変わらない点はどこかが分かるといいと思います。自分の本質的な部分はどこにあり、伸ばしていく面や別の視点を持った方がよい面は何か。それが分かる仕組みを、つくば市では考えています。