インテルは2022年3月22日、「Blue Carpet Fes 2022」をオンラインで開催、さまざまな分野のクリエーターの活動をサポートする「Blue Carpet Project」を開始した。大学や専門学校など教育機関とクリエーティブ企業、パソコンやマザーボード、カメラメーカーなどと連携して、クリエーター育成に力を入れる。インテル製CPUを搭載したパソコンを提供するほか、ワークショップを実施したり、作品展示の機会の提供やメディア露出のサポートを行う。

 Blue Carpet Projectはさまざまなプラットフォームや創作ジャンルで優れた作品を生み出すクリエーターを支援するプロジェクト。趣旨に賛同するクリエーターが参加するコミュニティー「Blue Carpet Club」も立ち上げた。

 Blue Carpet Fes 2022では、インテルの鈴木国正社長が2021年のパソコン年間出荷台数がテレワーク需要が継続したことなどから、2020年比で13.5%増加し、約3億5000万台に達し、クリエーター市場も大きく成長したと話した。クリエーター市場は2021年5月時点で約1042億ドル規模で、「Instagram」や「YouTube」「TikTok」「Twitter」、ブログなどを利用した創作活動をしているクリエーターは世界に約5000万人いて、パソコンやIoT機器のデバイス需要拡大が見込まれるとした。

インテルの鈴木社長はオンラインイベントのBlue Carpet Fes 2022で、「クリエーターによる表現手段が多様化し、クリエーティブな活動を支える高性能パソコンやIoT機器などのデバイスの低価格化が後押しして、創作活動に向けた市場が活性化している」と話した
インテルの鈴木社長はオンラインイベントのBlue Carpet Fes 2022で、「クリエーターによる表現手段が多様化し、クリエーティブな活動を支える高性能パソコンやIoT機器などのデバイスの低価格化が後押しして、創作活動に向けた市場が活性化している」と話した
[画像のクリックで拡大表示]
 

 Blue Carpet Projectは日本のクリエーターの創作活動を支援し、工学院大学や東京藝術大学、デジタルハリウッド大学など大学や高等専門学校などの協力の下、次世代のクリエーター育成を進める。クリエーティブとテクノロジーの連携により市場全体を底上げし、生み出されたコンテンツを多くの人々に届けることを目指す。

 学生向が制作した作品を発表する場として「インテル Blue Carpet Studio」という作品発表会を開催することも明らかにした。作品の優劣を決めるコンテスト形式ではなく、展示会形式で作品の制作工程も含めて発表してクリエーター同士で刺激し合う場にする。2022年夏にクリエーターによるセミナー、冬にはワークショップ、2023年春に発表と複数に分けて実施する。

多様な分野のクリエーターが参加する作品発表会 Blue Carpet Studioでの創作活動を通じて、Windowsパソコンによるクリエーティブ活動を発信していく
多様な分野のクリエーターが参加する作品発表会 Blue Carpet Studioでの創作活動を通じて、Windowsパソコンによるクリエーティブ活動を発信していく
[画像のクリックで拡大表示]
 

 ほかにも空間映像クリエーターの発掘・育成のコンテスト「Tokyo Projection Mapping Award 2022」や、工学院大学主催の理工系学生向けアート・コンテスト「壁FES」、EIZO主催の「イラストコンテスト」などにインテルが協賛し、クリエーターの活動を支援する。