2021年4月1日、U-22プログラミング・コンテスト実行委員会は、2021年度に開催する「U-22プログラミング・コンテスト2021」の応募要項を公開した。

 2020年度の小学校に続き、2021年度からは中学校でもプログラミング教育が全面実施される。これにより、義務教育全体で「プログラミングを活用した課題解決」の学びがスタートする。単純に「覚える」学習ではなく、「身のまわりの状況から思考し、最善と思われる手段を選択する」という、これまでは社会人になってから求められていたようなスキルが、学校教育で育まれることになる。

 今回のコンテストのキャッチフレーズは、「夢中は無敵だ。」。「好き」なモノや「作りたい」モノに熱中すること、楽しむことが、自らの道にもつながっていくということを、コンテストを通じて発信していきたい、としている。

 応募受付期間は、2021年7月1日(木)〜8月31日(火)。最終審査会や各賞の発表は2021年11月21日(日)。最終審査会は、ライブ配信を予定している(状況に応じて変更も検討)。

 募集要項の詳細は、下記のU-22プログラミング・コンテスト2021のWebサイトを参照のこと。

[U-22プログラミング・コンテスト]